adsense2


人気blogランキング

arigato

adsense


WEB内検索

« 掃除嫌いの人必読!掃除力ゼロから脱却できる、掃除の「イロハのイ10カ条」教えます。 | Main

頭のいいサラリーマンが実践する「シンプルマッピング・ノート術」

仕事を行う際に、ただ闇雲に目の前の仕事に飛びついても、
やるべきことを正しい順番で進めることができずに、
仕事が捗らないと言う事態に陥りがちです。

そこで、ご紹介したいのが「シンプルマッピング」と言う手法。
A6ノートに仕事の全体像を手書きで描くことで、
問題の全体像を明確にし、生産性を上げる方法です。

今日は、「ビッグツモロウ」2009年4月号「シンプルマッピング・ノート術」より、
シンプルマッピングのノウハウをご紹介します。

☆頭のいいサラリーマンが実践する「シンプルマッピング・ノート術」
1、まずはA6ノートの真ん中に核となるメインテーマを書き、それを丸か四角で囲む。
2、メインテーマから派生する項目(サブテーマ)を導き出し、それを放射状に書き出していく。
3、書く順番にルールは無いが、できればノートの右上から時計回りに書いた方が
  後で整理しやすい。
4、スペースの制約もあるので、サブテーマは4~7個にまとめておく。
5、それぞれのサブテーマから、必要なキーワードを導き出す。
6、このキーワードも最大7個ぐらいに抑えたほうが、後で整理しやすい。
7、このように具体的なキーワードを追加することで、アイデアを熟成させやすい状態を
  作ることができる。
8、スペースが狭くなったり、サブテーマの中でさらに掘り下げたいものがあれば、
  別のページに中心テーマを書き、上記と同じような流れでマップを作成していく。

 


↑今回のネタ元、松宮義仁さんの本です。今回のネタが詰まっています。

 

« 掃除嫌いの人必読!掃除力ゼロから脱却できる、掃除の「イロハのイ10カ条」教えます。 | Main

お薦め!ビジネス書」カテゴリの記事