adsense2


人気blogランキング

arigato

adsense


WEB内検索

« 増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」 | Main | 日本一の大投資家が語る!「株式投資の極意」 »

真似のできない仕事術 安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」

抱えるプロジェクトがなんと30!
世界的建築家、安藤忠雄さんの全盛期の姿です。

その膨大な仕事をわずか30人のスタッフでこなす、
安藤さんの仕事術は一体どのようなものなのでしょうか?

今日はその秘密を「ブルータス」2009年11月15日号の同氏の記事より、
ご紹介します。

★安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」
1、メール禁止。
  理由はコミュニケーションに不向きだから。
2、週に一度のレポートと予定表の提出。
  所員全員、毎週金曜日に、その週の仕事の進行などを1~2ページにまとめたレポートを提出。
  同時に翌週のスケジュールも提出。
  効率的に、チームの動きを把握するための方法。
3、FAX禁止。
  名刺にあるのは住所と電話番号だけ。
4、呼ばれたら手帳とペンを持って駆けつける。
  メモをとる癖は、建築に現場で、言った言わないの行き違いから身を救うことになる。
5、始業は午前9時。
  若手の所員は朝9時までに掃除を終えておくのが決まり。
  ちなみに新人の間は事務所から自転車で10分以内のところに住むのがルール。
6、終業は午後9時。
  原則徹夜は無し。
  いつも深夜の2時、3時まで働いていたら体がもたない。
  日曜出勤も無し。
7、電話での打ち合わせ禁止。
  安藤さんの考えは一貫していて、とにかく「直接会って対話すること」が究極の合理的手段。
  国内外30以上の仕事がそれで進んでいる。
8、各デスクに電話無し。
  電話があるのは1階の玄関前のみ。
  安藤さんのデスクのすぐ近くに共有で5台並べられている。
  かける時も、かかってきた時も、所員30人全員が、そこで、立って電話する。
9、出張中の安藤に連絡をしてはいけない。
  スタッフが決められることは全部自分で決める。
10、机で飲食禁止。
  真剣勝負で仕事に挑む。
11、約束は守れ。
  礼儀正しく、忍耐強く、約束は守れ、それが仕事の基本。
12、筆記用具は自分で買う。
  自分のものを自分で買って管理すれば、大切にする。
13、シャツを着てきちんとボタンを留める。
  一言で言えば、相手に失礼になるようなだらしない格好はしない、というのがルール。
 

↑安藤ファン必読の書です。

« 増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」 | Main | 日本一の大投資家が語る!「株式投資の極意」 »

お薦め!ビジネス書」カテゴリの記事