adsense2


人気blogランキング

arigato

adsense


WEB内検索

« 内藤忍さんの「給料が増えない時代に資産を殖やすためのマネー術」 | Main | 真似のできない仕事術 安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」 »

増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」

最近のノート、手帳ブームは目覚しいものがありますが、
それでも悩ましいのが、その両者の使い分けです。

スケジュールも覚書も全て1冊のノートにまとめる、と言う方法もありますが、
どうしても個々の情報を取り分けるのが困難になると言う欠点があります。

 

そこで今日は、悩んだ挙句、両者の使い分けに至ったと言う、
増田剛己さんのノウハウを、同氏の著書「思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)」より、ご紹介します。

☆増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」
1、ノートはA6大学ノート、それにボールペンをいつも持ち歩き、
  「毎日ノート生活」を心がける。
2、手帳は、「能率手帳メモリーポケット3(黒)」。
3、携帯電話で管理しているスケジュールも、手帳に転機する。
4、「読書専用ノート」を別個につくり、A6サイズで統一した。
  読書ノートの使い方は以下のとおり。
  ①アンダーラインを引いた場所を、ノートに書き写していく。
  ②必要な部分はパソコンで打つ。
  ③自分なりのまとめや感想等をノートに書き添える。
  ④①~③の作業を行うことで、読んですぐに本を処分しても、自分の中にちゃんと残る。

 


↑いいアイデアが欲しい人は必読の書です。

 

 

 

« 内藤忍さんの「給料が増えない時代に資産を殖やすためのマネー術」 | Main | 真似のできない仕事術 安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」 »

お薦め!ビジネス書」カテゴリの記事