adsense2


人気blogランキング

arigato

adsense


WEB内検索

« アナログだからうまく行く!買い物レシートの活用でカンタンに家計が管理できる! | Main | できる人はみんなやっている!3色ボールペンと付箋で画期的に効率を上げる仕事術 »

頭のいい東大生のノウハウを大活用!ビジネスマンが生かせる「東大生的ノートのとり方7つの法則」

最近話題なのが東大生本
やっぱり、東大生ブランドは健在で、
頭のいい東大生のノウハウにあやかりたいと言うワケで、
よく売れています。

そこで今日は、DIME」2009年3月3日号
東大生的ノートのとり方7つの法則」より、
そのノウハウをご紹介します。

☆ビジネスマンが生かせる「東大生的ノートのとり方7つの法則」
1、とにかく文頭はそろえる。
  何行もわたる文章も、文頭をそろえるとグッと見やすくなる。
2、写す必要がなければコピー。
  プレゼンシートや企画書等を作る際に必要となる資料は、常日頃から切り貼りしておくこと。
3、大胆に余白をとる。
  会議や打ち合わせの内容も、なるべく左側に寄せて書き、右側はたっぷり空けておく。
  後から新情報や思いついたアイデアを追記できるようにする。
4、インデックスを活用。
  ノートの左上にタイトルをつけたり、インデックスシールを貼ったりすれば、全ページを見直さなくても、
  必要な箇所をすぐ探せる。
5、ノートは区切りが肝心。
  ひとつの事柄を1ページ、または1項目見開きごとで完結してまとめるのも、東大ノートの特徴。
6、オリジナルのフォーマットを持つ。
  東大生は、このノートは何のために書くのかを常に考え、目的に合った書き方をしている。
7、当然、丁寧に書いている。
  未来の自分が読みやすく書こうと気を使う。


↑今回のネタ元、太田あやさんの本です。とにかく大ベストセラーですね。

« アナログだからうまく行く!買い物レシートの活用でカンタンに家計が管理できる! | Main | できる人はみんなやっている!3色ボールペンと付箋で画期的に効率を上げる仕事術 »

お薦め!ビジネス書」カテゴリの記事