adsense2


人気blogランキング

arigato

adsense


WEB内検索

« June 2021 | Main | August 2021 »

嫌いな客は切り捨てろ!ムダを断ち切る「スピード時間術」

ムダだなあ、と思っていてもなかなか断ち切れないのが、
仕事に纏わる多くのムダな案件です。

今日は、それらの断ち切り方を「日経アソシエ」2008年8月5日号
「ムダを断ち切る!」より、そのノウハウをご紹介します。

☆ムダを断ち切る!「スピード時間術」by日経アソシエ
1、集中したい時は会議室で篭城作戦。
  会議室などの無人スペースにこもり、外界の騒音を遮断してしまう。
  そうすれば仕事のはかどり具合が格段に上がる。
  周囲にさぼりと勘違いされないためにも、集中して1~2時間程度で仕上げて席に戻ること。
2、新聞・雑誌はキーワードで読む。
  効率的に情報を収集するためには、自分の中で「環境」「景気」「自動車」といったキーワードを決め、
  それに沿って読むのがいい。
  見出しに目をやり、キーワードに引っかかる記事だけを精読する。
  それ以外の記事は、見出しだけを見て、大枠をつかむ程度で十分だ。
3、パソコンは定時で切る。
  締め切りを自己設定することが大切。
  それが18時なら、それまでに仕事を終わらせようと尻に火がつき、間延びもなくなる。
4、嫌いな客は捨てる。
  売上ノルマの達成は大変だが、嫌いな営業先に尻尾を振る必要はない。
  思い切って切り捨てる勇気が大切だ。
5、不要な仕事はやり過ごす。
  重要な仕事に時間を割くためには、そんなずるがしこさが求められる。
  自ら優先順位を決め、不要な仕事はやり過ごしてしまう。
  本当に必要な仕事は何なのか、よく考えてみよう。
6、ゼロ残業で自己投資。
  不要な残業はしない。緊急性が無いのに、ダラダラと会社に居残るくらいなら、
  早く帰って趣味や勉強に時間を充てたほうが自分のためだ。
  


↑ムダの根源性まで学べる本です。

 

人生後半はこう生きろ!「AERA」が教える「50歳からの戦略50」

人生100年時代、昔は定年から10年ちょい生きればお終い、と思ったいたものが、

今で20年以上、将来は軽く100歳まで生きそうです。

そこで、人生後半を行けるには戦略が必要だと特集を組んだのが、「AERA」2021年8月2日号の

50歳からの戦略100」です。

今日は同特集から、健康編とお金編のノウハウ50をご紹介します。

★人生後半の歩き方、「50歳からの戦略50」

【健康編】
1,おいしいものはお腹いっぱい食べない。
2,青魚などに含まれるオメガ3脂肪酸をとる。
3,飲酒は週4日まで。
4,酒を飲みすぎない。ワインならグラス3杯まで。
5,砂糖,炭酸飲料を控える。
6,やりたいことは実行して悔いを残さない。
7,毎日12時間以上,絶食する。
8,十分な睡眠をとる。理想は1日7~8時間。
9,認知症リスクを高める徹夜を避ける。
10,就寝1~2時間前の入浴が睡眠の質を高める。
11,脳内老廃物を除去する深い眠りを。
12,夕食から就寝までは3時間以上あける。
13,歩行または同等以上の運動を毎日60分。
14,外出時はなるべく階段を使う。
15,息が弾み,汗をかく程度の運動を毎週60分。
16,毎日のストレッチで血液の循環を改善。
17,社会的な孤立は寿命を縮める。
18,デジタルツールの進化についていく。
19,栄養バランスのよい食事を心がける。
20,大音量で音楽を聴かない。耳を大切に。
21,よい生活習慣を身につけておく。
22,人間ドックなど定期健診を忘れずに,念入りに。
23,歯周病は早期治療,予防する。
24,適正な体重を保つ。
25,タバコは吸わない。
【お金編】
26,年間貯蓄額を調べる。
27,1カ月最低限いくらあれば生活できるかを知る。
28,損益計算書とバランスシートを作成する。
29,銀行口座を集約して1~2行にする。
30,証券口座を集約してシンプルにする。
31,クレジットカードは1~2枚にする。
32,住宅ローンは60歳までに完済する。
33,何歳まで働くかイメージする。
34,支出のスリム化,投資の練習など将来に向けた準備を。
35,保有する金融資産を一覧表にする。
36,年に1回,個人または世帯の決算を出す。
37,家計簿アプリに登録する。
38,自営業者は年金に未納があれば追納する。
39,「ねんきんネット」で働く条件を変えて見込み額を試算する。
40,給料から毎月一定額を自動的に積立貯蓄+投資。
41,つみたてNISAで投資信託の積み立てをスタート。
42,企業年金のない会社員はiDeCoに加入。
43,自営業者は付加年金+小規模企業共済,余裕があればiDeCo。
44,リタイアが近づいたら根金の受け取り方を検討する。
45,公的年金をいつ,いくらもらえるか調べる。
46,「ねんきんネット」に登録する。
47,勤務先の退職一時金,企業年金を確認する。
48,結婚している人は世帯で受け取れるお金を合算する。
49,一生涯受け取れる公的年金を増やすことを意識する。
50,厚生年金があるなら60歳以降も働く。

 

↑色々読み応えありそうな企画です。

 

有名作家が唸った世界一うまい文章!「スティーブ・ジョブズのスピーチ原稿」

現代のスピーチの名手と言えば、いの一番で名前が挙るのは、
先日亡くなった、アップルのスチーブ・ジョブズです。

とくに、スタンフォード大学の卒業式で語ったスピーチが有名ですが、
余計なことを語らない「引き算」のスピーチは、お手本として、
永遠に残るでしょう。

今日は、「プレジデント」2012年3月19日号S・ジョブズのスピーチ原稿」より、
そのポイントをご紹介します。

☆スティーブ・ジョブズのスピーチ原稿
1、話すことを3つに絞る。
  内容が本当に言いことだけに絞られている。
  また、冒頭で「3つだけです」と伝えることで、聴衆の集中力を維持できる。
2、各章にタイトルがある。
  最初に何の話をするかを宣言することで、注目を集められる。
3、自分のエピソードを語る。
  人生観や世界観がにじみ出たスピーチに、人々は共感する。
4、メッセージをまとめる。
  人生経験で学び取ってきたこと、すなわちエピソードを語ることで
  伝えたかったことを短い文章に凝縮させている。
  章タイトルとメッセージの間にエピソードを挟む「サンドイッチ形式」で、
  聴衆の心を掴む。

 


↑ジョブズのプレゼンのノウハウがまとめられています。

 

100歳超えた現役医師!日野原重明先生に学ぶ「元気に100歳を迎える秘訣」

今日は昨日に引き続き「週刊ダイヤモンド」2011年12月31日・2012年1月7日号
白澤卓二先生の記事より、日野原重明先生の100歳を元気に迎える秘訣をご紹介します。

☆日野原重明先生に学ぶ「元気に100歳を迎える秘訣」
1,基礎代謝を測ったうえ、腹7分目を実践。
2,1日の摂取量を1300〜1400キロカロリーに制限している。
3,野菜や果物、魚など栄養のバランスに気を配る。
4,朝食をきちんと取り、100%天然果汁のジュースにオリーブオイルをスプーン1杯
  飲むのが日課。
5,夕食は1時間半かけてゆっくり食べる。
  よくかんで食べることは脳の活性化にもつながる。
6,エレベーターは使わず階段を使う。
  階段の上がり下りは身体の内側の骨盤底筋を鍛え、足腰を強くする。
7,生きがいを持つこと。

 


↑白澤先生のノウハウが詰まっています。

勝間和代さんのビジネス力を上げる「スーパー読書術」

今やマスコミの寵児とも言える存在となった勝間和代さん。
とくに凄いのは、勝間さんが推薦する本はすべて売れること。

今日はそのノウハウとも言うべき、「勝間式読書術のキモ」を、
「DIME」2008年11月4日号の勝間さんの記事より、ご紹介します。
本好きのアナタ、ぜひ、チェックしてみてください。

☆勝間和代のビジネス力を上げる「スーパー読書術」
1、本選びはレストラン選びと同じ!
  ガイドや本の雰囲気を重視しよう。
  ①装丁、②タイトル、③目次、④著者プロフィール、④あとがき、等の本の店構えは貴重な情報。
2、ネット書店も賢く利用しつつ、ホームとなるリアル書店を持とう!
  必要な本をピンポイントで探せるネット書店と、実際に目にして買うか否かを判断できるリアル書店。
  その見極めが大切だ。
3、本から得た知識は分類して頭の中に収納すべし。
  本の知識は、たとえば「マーケティングデータとして使えそう」と意識して記憶することで将来役に立ちやすい。本自体を、上手にジャンルごとに本棚に整理すれば、頭の整理にもつながる。
4、「読む力」が「わかりやすく書く技術」につながる。
  ①「共通体験」等を使って行動を促す。
   誰にでも共通の体験にあるものを比ゆに使うと、読者は自分の問題としてとらえやすくなる。
  ②「自分の事例」を利用して親しみを持たせる。
   本やブログを読む目的は、著者の体験の疑似体験にある。
   具体的な事例は自分の体験について書くのが相手にイメージさせやすい。
  ③「コンテンツ力」「編集力」で進化していく。
   まずは文章の技術よりも「何を書くか」が大事。人に面白いと思ってもらえるコンテンツを探そう。
  ④「役に立つフレーズ」を必ず入れる。
   印象に残るフレーズがあると「読んでよかったな」と思ってもらえる。


↑勝間さんの今の売れ筋と言えばこれ。勝間式読書術の極意が学べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できる人はみんなやっている!3色ボールペンと付箋で画期的に効率を上げる仕事術

ビジネス書の分野での「仕事術」ブームは息の長いものになっていますが、
意外な傾向は、シンプルな方法が思いのほか効果が高いと言うこと。

そこで今日は、「できる人の前倒し仕事術 (日経BPムック) 」より、3色ボールペンと付箋で仕事の効率を上げる方法をご紹介します。

☆3色ボールペンと付箋で画期的に効率を上げる仕事術
1、行動予定表は3色ボールペンで色分けする。
  社外の人とのアポ等、日程変更のできない事項を赤、社内ミーティング、ルーチン作業等、万が一の時は日を改めたり、代役を立てていい予定を青、プライベートな予定を緑や黒で色分けする。
  これで一目で今週はどんな種類の予定が多いのかが判断できる。
2、自分にとって楽しい予定を赤で書く。
  予定でもちょっとした思い付きでも、自分にとって気持ちが明るくなることを赤で書く。
  目に付きやすい分、手帳を見るたびに、楽しい気持ちになれる。
3、ミーティング時のメモは、記録用を黒、TODOは赤で記録する。
  加えて、会議中に閃いたアイデアや後で確認すべき問題点等”私的な意見”を青で書き記しておけば、メモはさらに使い勝手がやくなる。
4、付箋とボールペンの色を連動させて情報管理をスムーズにする。
  ボールペンと付箋に「テプラ」で色ごとに用途を書いておくと忘れない。
5、IDカードのホルダー裏を有効利用して常時携帯する。
  IDカードやセキュリティカードの裏に付箋をケースごと両面テープで貼り付けておけば、「どこでも付箋」が実現する。
6、たばこのパッケージに貼り付けTODOを忘れない。
  喫煙者しか使えない方法だが、これなら、喫煙室等でたばこを吸う度にやるべきことを思い出す。
7、テープのりを使えば、いつでもどこでも付箋が作れる。
  これを使えばただの紙切れも付箋に早代わりする。
8、付箋見出しで手軽に書類整理。
  インデックスシールの代わりに付箋を利用。
  クリアファイルの内側に付箋が少しはみ出るように張るだけでインデックス代わりになる。

↑チェックしてみると面白い本です。

頭のいい東大生のノウハウを大活用!ビジネスマンが生かせる「東大生的ノートのとり方7つの法則」

最近話題なのが東大生本
やっぱり、東大生ブランドは健在で、
頭のいい東大生のノウハウにあやかりたいと言うワケで、
よく売れています。

そこで今日は、DIME」2009年3月3日号
東大生的ノートのとり方7つの法則」より、
そのノウハウをご紹介します。

☆ビジネスマンが生かせる「東大生的ノートのとり方7つの法則」
1、とにかく文頭はそろえる。
  何行もわたる文章も、文頭をそろえるとグッと見やすくなる。
2、写す必要がなければコピー。
  プレゼンシートや企画書等を作る際に必要となる資料は、常日頃から切り貼りしておくこと。
3、大胆に余白をとる。
  会議や打ち合わせの内容も、なるべく左側に寄せて書き、右側はたっぷり空けておく。
  後から新情報や思いついたアイデアを追記できるようにする。
4、インデックスを活用。
  ノートの左上にタイトルをつけたり、インデックスシールを貼ったりすれば、全ページを見直さなくても、
  必要な箇所をすぐ探せる。
5、ノートは区切りが肝心。
  ひとつの事柄を1ページ、または1項目見開きごとで完結してまとめるのも、東大ノートの特徴。
6、オリジナルのフォーマットを持つ。
  東大生は、このノートは何のために書くのかを常に考え、目的に合った書き方をしている。
7、当然、丁寧に書いている。
  未来の自分が読みやすく書こうと気を使う。


↑今回のネタ元、太田あやさんの本です。とにかく大ベストセラーですね。

アナログだからうまく行く!買い物レシートの活用でカンタンに家計が管理できる!

家計簿をつけたいけど、続かないと言う人は少なくないと思います。
それでは、買い物のレシートを活用したらどう?と提案するのが、
日本経済新聞2008年9月6日付「レシートで無駄遣い減らす」と言う記事です。
今日は同記事のポイントをご紹介します。

☆買い物レシートの活用でカンタンに家計が管理できる!
●レシートためこみ法
1,袋や箱等の専用の入れ物を決め、買い物の後、レシートを放り込む。
2,日々の作業はこれだけ。月末等自分で決めた決算日に、たまったレシートを一枚ずつ見直す。
3,ポイントは、その買い物は必要だったかどうかの点検。
4,必要だった物のレシートはそのままゴミ箱へ。
5,「必要ないのに買った物」「ついでに何となく買った物」のレシートは机の上に重ねる。
6,こうすることで自覚がなかった無駄遣いを「見える形」にする。
7,無駄遣いのレシートの山を目の前にして、まず反省。集計して合計金額の大きさにまた反省。
8,もう少し細かく把握するには、節約アドバイザーの丸山晴美さんが提唱する、
  次に紹介する「○×△法」がある。
●○×△(マル・バツ・サンカク)法
1,まず、買い物の後、レシートを見直す習慣をつける。
2,買った商品と価格が書いてある横に、○・×・△をつけて分類していく。
3,○は「必要で、安く買えた物」。×は「必要なかった物」。△は「必要だが、安くなかった物」。
4,「○×△」はいわば買い物の成績表で、自然に○を増やしたくなる。
5,真剣に集計すべきは、無駄遣いの×。
6,一ヶ月続ける自信がなければ10日でも可。合計額を3倍すれば、大まかな一ヶ月の無駄遣い額が出る。
7,「×」は財布にお金がなければ買わずに済んだ物で、余裕資金といえる。
  できればその金額分を翌月から貯金に回わすとよい。
後一歩進めると次のような方法もある。
●レシート貼り付け家計簿
1,レシートをそのまま家計簿やノートに貼り付け、食費や日用品等の項目別に合計額を計算する方法。
2,ここまで来れば、品目ごとに支出を記録する普通の家計簿へのステップアップも近い。



↑今回のねた元の一人、丸山晴美さんの本です。結構、実用的なノウハウが書かれていてお買い得です。

日本一の大投資家が語る!「株式投資の極意」

竹田和平さんと言えば、
竹田製菓の創立者にして、日本一の個人投資家として有名な方です。

自ら大旦那と言うとおり、会社を育てるつもりで、小さな会社に投資を行い、
独自の相場観を持つ人として有名です。

そこで今日は、竹田さんの「 日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学 花のタネは真夏に播くな (文春文庫)」より、竹田さんの株式投資の極意をご紹介します。

☆日本一の大投資家が語る!「株式投資の極意」
1、基本は小さくてもしっかりした独立した会社の安値を買うこと。
2、割安でも大企業の子会社はダメ。親が腐ると子も腐る。
3、情報源は「会社四季報」だけで十分。
4、昔は発売と同時に隅から隅まで読んでいたが、今は大変なので、
  「会社四季報」のCD-ROMを買ってきて、低PERの順に並べてプリントアウトしたものを、
  毎回、数百社分を読み込んでいる。
5、会社の未来は経営者自身にも分からないのだから、予想の数字や株価材料等信じてはいけない。
  信じていいのは、今現在の財務の数字だけ。
6、会社四季報でまず見るのは、一株利益。
  多くの利益を配当に回している会社ほどよい。
7、配当は高ければ高いほどいい。儲かった時、うんと株主に還元すると、必ず株価で評価される。
8、次に重視するのが、株主資本比率。
  株主資本比率が高い企業は、継続的に良い経営を続けてきた証である。
9、値上がりしそうな株は値下がりする株。値下がりが続いて、もうこれ以上はここから値下がりしても、
  底が知れていると言う株を買う。
10、真の投資家は株価の目先の小動きに左右されてはいけない。
  会社が今年、儲けを生むのか赤字なのかどうか、つまり、配当金がどうなるかに興味を持つべき。

 


↑100%実体験なので説得力が違います!

 

真似のできない仕事術 安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」

抱えるプロジェクトがなんと30!
世界的建築家、安藤忠雄さんの全盛期の姿です。

その膨大な仕事をわずか30人のスタッフでこなす、
安藤さんの仕事術は一体どのようなものなのでしょうか?

今日はその秘密を「ブルータス」2009年11月15日号の同氏の記事より、
ご紹介します。

★安藤忠雄建築研究所の「仕事のルール」
1、メール禁止。
  理由はコミュニケーションに不向きだから。
2、週に一度のレポートと予定表の提出。
  所員全員、毎週金曜日に、その週の仕事の進行などを1~2ページにまとめたレポートを提出。
  同時に翌週のスケジュールも提出。
  効率的に、チームの動きを把握するための方法。
3、FAX禁止。
  名刺にあるのは住所と電話番号だけ。
4、呼ばれたら手帳とペンを持って駆けつける。
  メモをとる癖は、建築に現場で、言った言わないの行き違いから身を救うことになる。
5、始業は午前9時。
  若手の所員は朝9時までに掃除を終えておくのが決まり。
  ちなみに新人の間は事務所から自転車で10分以内のところに住むのがルール。
6、終業は午後9時。
  原則徹夜は無し。
  いつも深夜の2時、3時まで働いていたら体がもたない。
  日曜出勤も無し。
7、電話での打ち合わせ禁止。
  安藤さんの考えは一貫していて、とにかく「直接会って対話すること」が究極の合理的手段。
  国内外30以上の仕事がそれで進んでいる。
8、各デスクに電話無し。
  電話があるのは1階の玄関前のみ。
  安藤さんのデスクのすぐ近くに共有で5台並べられている。
  かける時も、かかってきた時も、所員30人全員が、そこで、立って電話する。
9、出張中の安藤に連絡をしてはいけない。
  スタッフが決められることは全部自分で決める。
10、机で飲食禁止。
  真剣勝負で仕事に挑む。
11、約束は守れ。
  礼儀正しく、忍耐強く、約束は守れ、それが仕事の基本。
12、筆記用具は自分で買う。
  自分のものを自分で買って管理すれば、大切にする。
13、シャツを着てきちんとボタンを留める。
  一言で言えば、相手に失礼になるようなだらしない格好はしない、というのがルール。
 

↑安藤ファン必読の書です。

増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」

最近のノート、手帳ブームは目覚しいものがありますが、
それでも悩ましいのが、その両者の使い分けです。

スケジュールも覚書も全て1冊のノートにまとめる、と言う方法もありますが、
どうしても個々の情報を取り分けるのが困難になると言う欠点があります。

 

そこで今日は、悩んだ挙句、両者の使い分けに至ったと言う、
増田剛己さんのノウハウを、同氏の著書「思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)」より、ご紹介します。

☆増田剛己さんの「ノートと手帳の二本立て整理術」
1、ノートはA6大学ノート、それにボールペンをいつも持ち歩き、
  「毎日ノート生活」を心がける。
2、手帳は、「能率手帳メモリーポケット3(黒)」。
3、携帯電話で管理しているスケジュールも、手帳に転機する。
4、「読書専用ノート」を別個につくり、A6サイズで統一した。
  読書ノートの使い方は以下のとおり。
  ①アンダーラインを引いた場所を、ノートに書き写していく。
  ②必要な部分はパソコンで打つ。
  ③自分なりのまとめや感想等をノートに書き添える。
  ④①~③の作業を行うことで、読んですぐに本を処分しても、自分の中にちゃんと残る。

 


↑いいアイデアが欲しい人は必読の書です。

 

 

 

内藤忍さんの「給料が増えない時代に資産を殖やすためのマネー術」

貯金と言うと、ストック(投資)にばかり目が行きますが、
それではダメで、肝心なのはむしろフローであって、
まずは収入を把握することが大切だ、と言うのがマネックス・ユニバーシティの
内藤忍さんです。

今日は「ビッグツモロウ」2010年3月号の同氏の記事より、
そのポイントをご紹介します。

☆給料が増えない時代に資産を殖やすためのマネー術
1、銀行口座は1つにする。
  お金の出入りを一元化すれば、簡単に収入と支出が把握でき、通帳自体を会計簿として活用できる。
  仮にお金が足りずに、ほかから補填するようなら、あなたのキャッシュフローには誤りがある。
  また、ATM手数料無料の銀行に口座を開けば、無駄な出費もおさえられる。
2、新興国の株式に投資する。
  日本よりも、成長背の高い新興国、とくにBRICSの株式に投資すれば、大きなリターンが狙える。
3、ペーパーアセットのポートフォリオにこだわる。
  資金が少ないうちは、株や債権と債券といったペーパーアセットに投資。
  大きなリターンを得たら、不動産などリアルアセットにトライする。
4、時間を分散させる。
  時間を分散して金融商品を買えば、 平均購入単価が抑えられ、価格が下落しても大丈夫。

↑内藤さんと言えば、日本へのアセットアロケーションの紹介者として有名です。

国際ジャーナリスト蟹瀬誠一さんの「忙しい人のための”15分読書術”」

読書は現代社会を生きるうえで大事な行為ですが、
なかなか時間を避けないのも現実です。

そこで、15分で有効な読書のノウハウを開陳してくれているのが、
国際ジャーナリストの蟹瀬誠一さんです。

今日は蟹瀬さんのノウハウを、同氏の著書
「1日15分」が一生を変える! (知的生きかた文庫)」より、ご紹介します。

☆忙しい人のための”15分読書術”
1、読書から得られるものは、新しいアイデアを入手すること。
  だから、必要なアイデアを得られたと思ったら、その時点で読書をやめて、次の本を探す。
2、まず目次を読むことに集中し、そのあと、「まえがき」と「あとがき」があれば、
  それを読んで、本に書かれている内容を大まかに把握してしまう。
3、ビジネス書はたいてい「目次」を見ただけで話の流れが理解できてしまう。
4、本文を読み進むにあたっては、キーワードとなる言葉に注目してページをめくる。
5、著者がいいたいことは必然的に繰り返されることが多い。それがキーワードである。
6、キーワードとなる言葉が見つからない場合は、眺めるだけですばやくページを飛ばしてかまわない。
7、著者がいいたいことや、ピンときた文章を見つけたら、赤線を引く。
8、どんなジャンルの本を読む場合でも、15分と言う時間単位を意識すると、集中して読み続けられる。
9、途中で集中力が落ちてきたなと感じたら、ひと呼吸おくとよい。
10、読書でも、15分を単位にメリハリをつけていけば、読むスピードが落ちることはない。



↑一読の価値有りです。

 

 

婚カツ女にやられない!おひとりさまの「健康管理術」7か条

「いつかは結婚するさ」なんて思ってたら甘いのが、
男のおひとりさまです。

社長島耕作みたいな、中高年のロマンスなんてそうある話でもないですし、
下手に近づいてくる女性は危なくて仕方ありません。
結局、自分の身は自分で守るしかないんですね。

そこでご紹介したいのが、週刊文春」2009年12月3日号
「おひとりさまの『健康管理術』7か条」
今日はそこからポイントをご紹介します。
中高年のおひとりさまの方、ぜひチェックしてみてください。

☆おひとりさまの「健康管理術」7か条
1、入院セットの準備。
  中身は保険証のコピー、現金3万円、パジャマ、マグカップ、スリッパ、歯磨き、タオルなど。
2、緊急用ノートを用意。
  「誰に連絡して欲しいか」「かかりつけの病院はどこか」「入院時の保障人はいるか」など。
3、自治体のサービスを知る。
  自治体の高齢者対策の窓口は、介護保険法によって、地域包括支援センターに一本化された。
  24時間対応のコールセンターが多くの自治体にある。
  但し、これらのサービスは65歳以上。それまでは自分で守ること。
4、民間の見守りサービス。
  NPO法人に同様のサービスを行っているところがあり、緊急通報のボタンを押せば、コールセンターにつながる、ようになっている。
5、情報発信を心がける。
  身近な人にまめに連絡して、何かあった時に気づいてもらう。
6、頼りになるのは人。
  気兼ねなく買い物や食事作りを頼める人、印鑑や通帳を信頼して預けられる人を作っておく。
  そんな相手は、待っていても現れない。自分から行動しなければならない。
7、いざ倒れた時は。
  東京消防庁には24時間対応の緊急相談センターが設けられており、緊急隊員や看護師が緊急性を判断してくれる。


↑今回のネタ元の松原淳子さんの近刊です。

ノート術本のベストセラー著者に聞く!1冊に集約してデジタル化!「奥野式ノート術」

最近ビジネス書の分野で人気なのが、
ノートの使い方を説明した、ノート術本です。

今日はその嚆矢となった「読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」の著者、奥野宣之さんのノウハウを、
「THE21」2010年3月号の同氏の記事より、ご紹介します。

☆1冊に集約してデジタル化!「奥野式ノート術」
1,使用するノートは、スーツの内ポケットに入る大きさのA6サイズの大学ノート。
  すべての情報をこの1冊のノートに一元化している。
  いつでもどこでも手に入り、しかも安いので、ページを惜しむことなく、自由に何でも書くことができる。
2,奥野式ノート術の書き方は以下のとおり。
  ①日付は略して6桁で記入。「2008年12月23日」なら「081223」となる。
    この形式に統一しておくことで、検索用のデータづくりも、索引とノートのリンクも、スムーズになる。
  ②読んだ本について気になった内容について記入。そのページも書いておく。
  ③お店の地図などは、そのまま貼り付ける。食事内容や、食べた時に感じたこともメモする。
3,ノートを使い切ったら、通し番号と使った期間の日付を記入。
  さらに、エクセルに日付・項目・内容を記入しておく。
  アナログのノートは検索性が低いことが弱点であるが、こうすることでデジタル検索が可能に。
  エクセルが見られる機種の携帯電話を使えば、外出先でもノートの情報を確認できる。


↑ご存じ、奥野氏のベストセラーです。

すぐにできて効果バツグン!「齋藤孝さんのかんたん質問力の鍛え方」

日本人って質問するのが苦手な人が多いですが、
すぐにできて効果バツグンの質問力を上げるトレーニングがある、
と言うのが齋藤孝さん。

今日は齋藤さんのノウハウを、「ビッグツモロウ」2010年7月号
の同氏の記事よりご紹介します。

☆齋藤孝さんのかんたん質問力の鍛え方
1,クイズ形式で雑談をする。
  場を和ます練習として、会った人にテレビ番組で仕入れた雑学などを
  クイズ形式で出題する。
  3秒くらいで正解を発表する。
2,3色ボールペンでメモをとる。
  講演や会議などで、重要度別に色分けメモをとる。
  こうすることで聞きながら質問を考える訓練ができる。
3,ひとつのことで3つの質問を考える。
  ひとつの事柄について聞くのに、3つの視点からの質問を用意する。
  切り口を考える訓練になり、とっさの質問が出るようになる。
4,バカバカしい話をマジメにする。
  「バカバカしい」と切り捨てることを大マジメに話し合ってみる。
  ふだんの凝り固まった発想が柔軟になる。
5,あいさつをするときは二言添える。
  あいさつに二言添える習慣を身につけるだけで雑談力がアップできる。
  天気でも近況でも景色で言葉にして問いかけをすること。

↑そのものずばりのノウハウです。

朝はカレーを食べなさい。Dr.吉田が教える「これが理想の朝食だ!」

朝は忙しいから食べない!と言う人も少なくありませんが、
あえて食べるなら、どんな食事をとればいいのでしょうか?

今日は「THE21」2010年7月号の吉田たかよしさんの記事より、
理想の朝食」のノウハウをご紹介します。

☆Dr.吉田が教える「これが理想の朝食だ!」
1,玄米。
  玄米は、白米よりも消化吸収がゆっくり行われるため、朝に玄米を食べれば、
  血糖値をより安定した高さで保ってくれる。
2,卵焼き。
  コレストロールの摂りすぎの心配も、1日2個までなら心配ない。
3,納豆。
  大豆に含まれるフォスファチジルコリンは、脳の記憶に必要なアセチルコリンのもとになる。
4,カレースープ。
  コーンスープやみそ汁に、火を通したターメリック・パウダー(もしくはカレー粉)を大さじ一杯
  程度加える。
  ターメリックのなかに含まれるクルクミンが脳の中溜まったゴミを掃除し、抗酸化作用により
  脳の機能を高めてくれる。

☆「よくある朝食」のここに注意!
1,パン。
  消化吸収がいいため、血糖値が急激に上がりやすい。
2,ベーコン。
  ベーコンの脂身などの動物性脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」を大量に摂りすぎると、
  脳の働きが低下する。
3,スクランブルエッグ。
  卵は脳にプラスの効果をもたらすが、スクランブルエッグをつくる際に使用するバターには
  やはり飽和脂肪酸が含まれる。
4,牛乳。
  日本人の多くは、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていないので、
  牛乳を飲むとお腹がごろごろする。


↑東大生はカレーを食べる!

正月には年記を書け!泉田豊彦さんの「1年を見渡すパノラマ手帳術」

昨日に引き続き、今日は泉田豊彦さんのスケジュール術をご紹介します。
泉田さんのスケジュールの特徴は、常に年間を見渡してスケジュールを組む点にあります。

それでは、泉田さんの著書「仕事を楽しむ〈技術編〉」より、ポイントをご紹介します
ぜひ、チェックしてみてください。

☆泉田豊彦さんの「1年を見渡すパノラマ手帳術」
1,スケジュール帳は、常に確認しながら移動することを考慮して、
  ポケットサイズのものを選びたい。
2,泉田氏が使用しているのは、1枚の用紙からできた折り畳み式のもので、1折りで1か月分。
  1日1行で、1行に小さく書くと、だいたい10件分くらいのスケジュールが書き込める。
3,このスケジュールをこなすにはフルに身体を動かしていなければならず、
  そこで、スケジュール表に書けないほどの仕事はしないことにした。
  多いときはだいたい8件から10件のスケジュールが並ぶ。
4,スケジュール表は見やすく書くことがポイント。
  1行を2段に分けて、上に時刻、下に内容を書くことにしている。
5,スケジュールをこなした後は、何の仕事したのかを明確にするために、
  カラーで色分けしている。
6,仕事を営業、会議、講演、指導などに分けて、それぞれ赤、青、黄、緑のマーカーで、
  印をつける。色分けは4色が限度。
  こうすると、どんな種類の仕事が多いか、一目瞭然となる。

 


↑シンプルですが非常に効果的な方法でs。。

9割の病気は自分で治せる!岡村裕さんの「病院と無縁になる7か条」

誰しも健康で溌剌と暮らしたいと願っていますが、
とくに中年以降は、それも難しい問題になります。

そこで今日は、ヒット作「9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)」の著者である、医師の岡本裕さんのノウハウを、
「週刊SPA」2010年5月18日号「5分マッサージで自然治癒力がUP」より、
ご紹介します。

☆岡村裕さんの「病院と無縁になる7か条」
1,前屈みの姿勢をやめる
  前屈みは、血行不良や腰痛の最大の原因の1つ。
  意識して深く腰掛け、姿勢を良くするように心がけよう。
2,深呼吸。
  大きく吸って吐くだけ。結構改善だけではなく、自律神経のバランス改善、
  精神的なリラックスなど効果は絶大。
3,爪もみ。
  爪の付け根をやや強め、色が変わるくらいの強さで押さえる。
  1本の指につき10秒程度でOK。
4,ツボ刺激。
  頭のてっぺんの「百合」というツボを押すと、
  鎮痛・鎮静効果があるエンドルフィンが分泌され、自然治癒力が高まる。
5,温水浴。
  水のシャワーを浴びたら、温かい湯船に浸かる。
  「温」と「冷」を交互に繰り返すことで、自然治癒力が高まる。
6,ふくろはぎマッサージ。
  ふくろはぎは血液が大量に集まる場所。アキレス腱から上に向けてものほぐすことで、
  血液が全身に流れる。
7,易筋功。
  少林寺拳法や太極拳を組み合わせた、いわば中国のラジオ体操。
  時間はかかるが手っ取り早く結構を改善する。

 


↑参考になる健康のヒントが満載です。

ボーナスシーズン到来!「ボーナスはまずサブ口座へ!計画的にお金を貯める方法」

さて、待ちに待ったボーナスシーズン到来ですが、
将来を考えると安易に使うワケにはいきません。
先を見据えた貯金が必要ですよね。

そこで今日は「日経アソシエ」2010年6月1日号
「今さら聞けない お金のトリセツ」より、
サブ口座を使ってボーナスを計画的に活用する方法
ご紹介します。

☆ボーナスはまずサブ口座へ!計画的にお金を貯める方法
1,ボーナスが支給されたら、使徒を決め、生活費と分けておくことが大切。
2,具体的にはサブ口座を持つとよい。
3,サブ口座は、給与振込口座のある銀行に同じ名義で持つ2つ目の「普通預金口座」を持つか、
  「貯蓄預金口座」を開設するのがポイント。
4,同一銀行・同一名義の口座間なら、ネットバンキングやATMで「振替」が利用できる。
5,振替によって簡単に資金を移動できるため一時的な貯蓄を分けておくのに適する。
  振替の手数料は原則無料でもある。
6,「一人原則一口座まで」と言われたら、家計管理や会社の経費精算などのために必要と
  言うこと。
7,貯まったお金の管理では、複数の口座の貯蓄額を管理することがポイントとなる。
  ネット銀行や証券会社で運用を始めたりするとより、管理は大変になる。
8,その解決策としては、ネットの「アカウントアグリゲーションサービス」を利用すること。
  複数の取引金融機関にまたがる口座を一元管理できる。
9,最低限、年に2回は自分の金融資産総額を確認する習慣をつけること。


↑今回のネタ元の深田晶恵さんの本です。参考になるヒントが詰まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報整理の決定版!日垣隆さんお薦めの「引き出しのインデックス」はこれだ!

デジタルの時代にはなりましたが、まだまだ情報の多くはアナログで存在します。
ですからアナログをアナログの状態で保管、整理するツールが必要なんですね。

昔はそれが机の引き出しだったりしたのですが、あの程度の収容力では情報時代には合いません。
そこで、10段くらいの引き出し(クリアチェスト、引き出しチェスト、書類ラック)を用意しなさい、と言うのがジャーナリストの日垣隆さんです。

そして、10段くらいの引き出しを用意できたなら、ぜひやるべきなのが、
以下のアウトプット優先型のインデックスを引き出しに付けること。
これをやることによって、アナログの情報が整理され、アウトプット力が画期的に
高まるのだそうです。

ネタ元は、日垣氏の「知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る (新潮文庫)」です。
ぜひ、チェックしてみてください。

☆日垣隆さんお薦めの「引き出しのインデックス」はこれだ!
1,「企画メモ」 ふと思いついたメモや、そのうちにやろうかと思った切り抜きを入れる。

   半年経って、まったく参照していなければ捨てること。
2,「外出時」 財布とか、名刺入れなど、外出時に必ず持っていくものを入れておく。忘れやすい人はハンカチや携帯もここに入れる。
3,「領収書」 自営業者やフリーランサーに必備。
4,「引継ぎ」 現在自分がやっていても、近い将来、ほかの人に委譲すべき仕事があれば、

  そのための思いつきや必要書類などを、どんどん入れる。
5,「よく考えてみよう」 雑誌や新聞を読んで、あるいは上司や取引先や居酒屋などで聞いて、

  これはとても大切なことだがよくわかっていない、ぜひ自分の頭でじっくり考えてみたい、と思われた素材(メモや記事)を入れる。
  これができるかどうかで、仕事の出来不出来はまったく違ってくる。
6,「捨てがたし」 どこに分類していいかわからないけれども、近い将来役立つような気がする、

  というものを、あまり深く考えずにここに入れる。
7,「保証書・取説書」 家電やパソコン周辺機器の保証書や取扱説明書を、全てここに入れる。
8,「電子辞書」 電卓もここに。机の上は、作業が終わったら必ずキレイにしておくこと。
9,「文房具類」 ここには付箋や定規やカッターやハサミ、ステプラーなどを入れる。
10,「注文予定」 この本を注文しようか、近々これを買いたいな、と思える広告やメモやカタログをここにぶち込む。
11,「名刺」 ここに一度入れて、3か月に一度くらいまとめて必要なものをデータベースに入力。
12, 「地図/お店」 気に入った店のレジ横に置いてある名刺や案内をもらって、ここに入れる。
13,「あとで読む」 本当は今すぐ読むべきだが、時間またはエネルギーがなく、週末にでもゆっくり読みたい、と思うものを入れておく。
  この引き出しをいかに活用するかに、あなたの知性の進歩は大きく左右される。
14,「ネタ」 企画や執筆や提案を仕事にしている方は、このインデックスをぜひ。
  「漠然としていてまだ形にできないもの」を、閃かせてくれた切り抜きなどを、
  とにかくここに入れておく。無関係のものがパシッと脳内で結びついた時、たいていそれを「使える」アイデアという。

 


↑単行本版を持っている方も、かなり加筆されているので、ファンは買う価値ありです。

 

痩せるには好きな物から食べなさい。究極のダイエット!「食べる量を減らすダイエット」

痩せるためには色んな方法がありますが、
詰まる所は、「食べる量」を減らさなければ絶対に痩せません

これが易しいようで難しい訳で、
なかなかダイエットが成功しない理由の一つです。

そこで今日は、「医師がすすめる50歳からの肉体改造 (幻冬舎ルネッサンス新書)」より、
誰にでもできる「食べる量を減らすダイエット」のノウハウをご紹介します。

☆食べる量を減らすダイエット
【食べる前の心構え】
1、高価なものと思い込む。
  味わって食べなければ損をする、という心理を働かせる。
2、一口を小さくしてから食べる。
  口に入れる量自体を少なくすれば、これまでと同じ回数噛んでも、
  口の中に入れた量が少ないので、実際に噛んだ回数は同じ数でも
  同じ効果を得られる。
3、麺類は短くしてから茹でる。
  麺類を短くして調理すれば、それだけ食べる時間を長くすることができる。
4、箸やスプーンを有効に使う。
  ①一口ごとに箸を離す。
  ②子供用の箸を使う。
  ③長い菜箸を使う。
  ④利き手でない手で食べる。
  ⑤カレーなどを食べる際にスプーンを使わない。

【食べ方を見直す】
1、最後に少し残す。
  一食につきわずか10g残すだけでも、1日3食と考えれば、10×3で30g残したことに。それを1年365日に換算すれば、30×365=1万950グラム、つまり11キロgの差が生じる。
2、テレビを観ながら食べない。
  自分の分を食べ終えたら、たとえ観たい場面であっても、食器や箸を片付ける習慣をつけよう。
3、好きなものから食べ始める。
  空腹時に好きなものから食べると、よりおいしく感じる。
  この方法を採れば、空腹感が無くなるまで時間を稼ぐことができ、 
  最後に無理なく料理を残すことができる。
4、今、食べているものを見る。
  食べ物がまだ口に入っているときは、他の料理には手をつけない。
5、立食パーティに気をつける。
  対応策はひたすら人と話し込むこと。
6、「一点食い」をしない。
  栄養バランスが狂ってしまう。
7、食事の途中で用事を済ます。
  血糖値が上昇して初めて、空腹感が無くなります。
  これには15分から20分ぐらい時間がかかる。

 


↑川村医師のノウハウが詰まってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手帳2冊持ちで想像力を高める究極の方法!「モレスキン活用術」

創造的な仕事をする際には常にメモをすることが大切ですが、
方法論は千差万別。とくにコレと言った方法論はありません。

そこで今日ご紹介するのは、赤と黒の2冊のモレスキンを使用した
想像力を高める方法です。

ネタ元は「日経アソシエ」2010年3月2日号の森美術館展示デザイナーの
前田尚武さんの記事です。
ぜひチェックしてみてください。

☆入力用と出力用の2冊を常に携帯!「モレスキン活用術」
1,黒いモレスキンには自分のアイデアを蓄積していく。
  その際は、後で見返して思い出せるように丁寧に書くことが大切。
2,古いアイデアをバージョンアップさせたり、AとBを足してCと言う別のアイデアが
  生まれることもある。
3,1冊になるべく多くのアイデアが書けるよう、ムダな空きを作らず書く。
4,昔はアイデアをスケッチにイメージの絵を描いていたが、最近はアイデアを 
  言葉で表すようにしている。
  具体的な椅子の絵を描くより、組立可能な椅子と言葉で書いたほうが、 
  アイデアの本質をとらえることができる。
5,赤いモレスキンはレクチャーなどを受けた時の記録用。
  インプット情報をこちらに集積することで、黒のノートは純粋に、アイデアのアーカイブとして
  使い続けることができる。

 


↑モレスキンといえばまずこの本ですね。

 

仕事ができる人は生活に型をつくる!「1日は朝・昼・晩の3つに分けて行動しなさい」

効率よく暮らしていくには、生活のパターンごとに「型」を作ると
いいんだそうです。

1週間のうち、外出する日は何曜日で、会議などで一日中社内にいるのは何曜日、
そうやって決まったルールで仕事をすると生産性が上がると言う訳です。

そこで今日は、船井総研の五十棲剛史さんのノウハウを、
新刊「人の10倍の「仕事量」をこなす技術 (PHPビジネス新書) 」の中より、ご紹介します。
朝・昼・夜でやるべきことを変えることで、ビックリするくらい生産性を上げた 実例をぜひチェックしてみてください。

☆1日は朝・昼・晩の3つに分けて行動しなさい
1,1日は朝・昼・晩の3つに分けて行動している。
2,起床は毎朝5時。そして朝の2時間を使って、自宅やホテルでメールの処理や、
  セミナー用テキストの原稿執筆、顧客に提出する資料の作成、メルマガの執筆などを行っている。
3,朝の時間を書き仕事中心に充てているのは、誰にも邪魔されずに自分の作業に集中できる
  時間帯だからだ。
4,仕事を「自分一人でする仕事」と「人と一緒にする仕事」に分けるとすれば、
  朝の時間帯は「自分一人でする仕事」をしていると言える。
5,逆に日中から夕方までは、打ち合わせなどの「人と一緒にする仕事」が中心になる。
6,ここでのポイントは、アポイントの取り方で、アポを取る際に、
  10時~12時、13時~15時、16時~18時というように、時間帯を3つに区切って
  そこに予定をはめ込んでいくようにしている。
7,14時30分~16時30分といった中途半端な打ち合わせ時間を設定すると、
  その前後の時間帯に打ち合わせを入れにくくなるので非効率である。
8,夜は、人と会う時間に充てる。
  新聞や雑誌にはまだ載っていない最新の一次情報がキーパーソンから得られるのは、この時間帯だ。
9,行動パターンにはいろいろあるだろうが、自分の「型」を作っておけば、それぞれの時間帯でやるべきことが
  はっきりしているので、行動にムダやモレがなくなる。

 

↑ちょっと気になる本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポワポで一人ブレスト!小山龍介さんの「Best of 思考Hacks!セレクト7」

何か新しい発想が欲しい時、どうしてますか?
ちょっとしたことでアイデアは広がるものですが、
それが難しいんですよね。

そこで今日は「小山龍介 TOOL HACKS! (LOCUS MOOK)」より、小山龍介さんのノウハウをご紹介します。
ぜひ、チェックしてみてください。

☆小山龍介さんの「Best of 思考Hacks!セレクト8」
1、わからないことは寝かしておく。
  とりあえず理解しなくてもいいので、情報をインプットすることが大切。
  わからないまま放置しておくと、脳は無意識のうちに情報を整理してくれます。
  わからない場合は放置しておくことで、脳が自動的に整理、熟成してくれるのです。
2、類語を使って発想を広げる。
  weblioと言うサイトを使うと、65万語が収録されていて、語彙が豊かになる。
3、ボールペンを使い分ける。
  ペンの太さを替えるだけで大きな思想の違いが生まれる。
  0.5ミリのペンを使うと自然に字も細くなり、結果丁寧に書こうと言う意識が自然に高まり、逆に1.0ミリのペンを使えば、線が太いので大胆な気持ちになる。
4、師匠を見つけてマネをする。
  誰かの思考方法を学ぶのに良い方法が「マネる」と言うやり方。
  マネるには「その人の口調をマネする」「情報ソースをマネる」「道具をマネる」と言うやり方がある。
  とくに人の話し方にはその人の思考方法がそのまま現れるので、口調をマネると
  思考もマネることができる。
5、USBタイプのアロマでリフレッシュ。
  脳の無意識の部分を活性化させる方法として、アロマなど香りを利用する方法も有効。
  アロマはラベンダーなどのフローラル系は気持ちを落ち着ける効果がある。
6、パワポで一人ブレスト。
  パワポのスライドは移動が簡単。10ページのシートを2ページに移動するのもマウスで入れ替え自由ですし、スライド表示一覧にすれば俯瞰してみることができるので、アイデアの全貌を一覧することができる。
7、行き詰まったら、人に聞く。
  「はてな」の人力検索や、「Yahoo!知恵袋」などのコミュニティで質問することも有効。

 


↑ぜひ一読を!

ノマドワーカー必見!中谷健一さんの「調子のいいオフィスリストはこれだ!」

以前からライターさんなどでは、多かったのですが、
コロナでますます増えているのが、ノートパソコンとスマートフォンを持って、
喫茶店やファミレスを渡り歩く、ノマドワーカーです。

オフィスで考え込んでいると煮詰まってしまうので、
ノートパソコン片手に街に飛び出して、喫茶店の雑踏の中で、
アイデアを捻り出す、と言う仕事スタイルです。

そういう仕事のやり方を解説した本が中谷健一さんの「「どこでもオフィス」仕事術」です。

ノマドワークのコツをコンパクトにまとめた好著ですが、
面白かったのは、ノマドワークを実際に行う場所を
調子のいいオフィス」と呼び、仕事の中身別に分けている点です。

今日は、同書より、「調子のいいオフィス」のリストを
ご紹介しますので、ぜひ、チェックしてみてください。

☆中谷健一さんの「調子のいいオフィスリストはこれだ!」
1,オフィス・ルノアール(左脳系)
  無線LANと電源が確保され、居心地が良いので、長居が必要な企画書作成などに向いている。
2,オフィス・スターバックス(左脳系)
  雰囲気は抜群だが、ソファに座ると眠り込むリスクあり。
  電源の確保が期待できないので、長時間のPC作業は途中で諦めて、
  ゆっくり資料を読んだり、読書したりするようにすると良い。
3,オフィス・ドトール(左脳系)
  価格の安さが魅力。メール確認や事務処理などに向いている。
4,オフィス・マクドナルド(右脳系)
  「気分を変えて、企画を考える」という右脳系の仕事場としてお薦め。
  客層が面白く、発想がわく。24時間営業なのも○。
5,オフィス・ファミリーレストラン(左脳系)
  長時間居てもノープロブラム。
  アメニティにドリンクバーが完備しており、本格的な食事ももちろんOK。
6,オフィス・ステーション(右脳系)
  無線LAN環境が整ってきたので、駅のベンチに座るとそこが仕事場にできる。
  ベンチに座って仕事をしていると「早く帰りたい」という気持ちが湧き出てくるので、
  意外と集中できる。
7,オフィス・トレイン(左脳系&右脳系)
  混んでいる電車でも、アイフォーンで情報収集やアイデア出し、メールの確認くらいならできる。
  メールチェックにも向いている
8,オフィス新幹線(左脳系&右脳系)
  移動するオフィス。使わない手はない。
  東京から大阪までの二時間半内になんとか仕事を片づけなければという意欲が高まり、
  集中して仕事に取り組める。
9,レンタルオフィス・自習室(左脳系)
  左脳系仕事をジックリしたいときにお薦め。
  同じ目的を持った人たちが集まる場所で「頑張ろう」という気持ちが引き出される。
10,オフィス・ネットカフェ(左脳系)
  セキュリティの問題で余りビジネスには向かないので、集中力のいらない単純な左脳系の
  仕事がお薦め。
11,オフィス・パーク(右脳系&コミュニケーション系)
  セキュリティ対策の問題あり。
  ネットから離脱して集中して考えたり、ちょっとした書き物をしたりする場所としてよい。
12,オフィス・カラオケボックス(コミュニケーション系)
  いつもと違う空間で会議をすると、意外に活発な意見が出ることもある。
13,オフィス観光地(右脳系)
  時間に制限がなく、リフレッシュしながら新たな構想を練るにはピッタリ。
14,オフィス・ホーム(万能型)
  オフィス環境を自分が使いやすいものを用意できるメリットあり。
  誘惑が多いことがデメリット。

 


↑ノマドワーカーに憧れる人、必読です。

 

 

 

嫌なことはやらなくていい!勝間和代さんの時間革命!「Not To Doリストの書き方」

時間を制するもの、手帳を制すると言うわけで、
時間管理には、そのツールとしての手帳の使い方が大切です。

そして、その手帳の使い方の秘訣の一つが、「Not To Doリスト」にある、
と主張するのが、勝間和代さんです。

今日は勝間さんのノウハウを「ビッグツモロウ」2010年7月号の同氏の記事よりご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

☆勝間和代さんの時間革命!「Not To Doリストの書き方」
1,収入を増やすより、支出を減らすほうが貯金効果が高い。
  同様に、自由な時間を増やすには「Not To Doリスト」を作ることが
  効果的。
  依存性の高いダラダラした雑談・飲み会などリストに書き出してみてチェックすると良い。
2,週6日以上働かない。
  基本的に週の前半の午前中や、金曜日の午後、週末は休みを入れて予定を組む。
  もちろん臨機応変、状況によって微調整を行う。
3,運気の悪いヤツには近づかない。
  会っても愚痴ばかりやネガティブな発言しかない人には近づかない。
4,自分をコモディティにするな。
  コモディティ(差別化特性がなくなる)になると自分の商品価値が減る。
  あくまで自分を必要とするオファーを中心に受ける。断る勇気も必要。
5,仕事は1日、3アポまで。
  生産性が下がらないように1日のアポを絞ることを忘れない。
6,コンビニ、菓子パンは禁止。
  酒、タバコ、コーヒーなど依存性の高いものは一切断っても、
  止められないのは意外と菓子パン。
  これも止めれば依存性を持つものは身から離せる。

 

↑勝間さんの自己啓発ネタと言えばやっぱりこの本です。

ビジネス書多作作家、中島孝志さんの「2日間でできる書類管理術」

オフィスワーカーの大きな悩みの一つが、書類の管理
よほど管理の行き届いた人でもなければ、週に一度や二度は、
書類が無いと慌てることがあるでしょう。

そこで今日は、「速効10倍の仕事術―できる人は、残業しない! (知的生きかた文庫)」より、中島孝志さんの書類管理の極意をご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

☆中島孝志さんの「2日間でできる書類管理術」
1、書類管理で大切なことは、「捨てる」「捨てない」の分別にある。
  なぜなら情報の価値を評価することに他ならないから。
  データなど賞味期限が早い情報は捨てる。
  アイデアや発想などの劣化しない情報は捨てずにとっておく。
2、分類は「テーマ」or「時間軸」で。
  とっておく書類は「テーマ」or「時間軸」いずれかの軸で分類する。
  本当は両軸で分類するほうが精度は高くなるが、最初は好きな方の1軸で始めるのがいい。
  やってみて合わなければ臨機応変に変更する。
3、「テーマ」は仕事に密着したものを。
  自分の仕事に密着しているテーマを選ぼう。
  営業職なら担当する業界や地域など。
  獲得したいスキルや知識などを加えてもよい。
  お洒落に収納したい人はカラフルなハンキングフォルダーがお薦めだ。

 


↑中島さんの整理の基本がわかる本です。

 

 

 

 

 

頭がいい人とお金持ちはみんな方眼ノートをなぜ使うのか?

今や会議というと、みんなノートパソコンを広げて、パチパチとやるのが通例になりましたが、なんと一流コンサルタントのマッキンゼーやボスコン、それにお金持ちの人たちはみんなノート、それも、方眼ノートを使う、というのが、ヒット作「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」の著者、高橋政史さんです。

単なる情報の記録であれば、もちろんノートパソコンのほうがいいのですが、書いた内容をアイデアに広げるには、方眼ノートのほうがいいらしいのです。

そこで今日は、方眼ノート活用のノウハウを、高橋さんの著書から、

ご紹介します。


頭がいい人のノート活用の3原則

法則1 「方眼ノート」を使う。

法則2 「見出し」をつける。

法則3 「3分割」して使う。

つまり、「方眼ノートに、見出しをつけて、3分割して使う」だけなんです。


方眼ノート活用のコツのコツ

1,方眼ノートはヨコ向きで使う。

2,A4ノートが基本。小さなノートでは思考がまとまらない。

3,使う色は「3色以内」

4,見出しには、「論点と結果」を書く。

5,1テーマ、1ページにする。

6,書き心地のいいペンとノートを使う。

7,3分割の部分には、左から「事実」、「解釈」、「行動」を書く。


以上を実行すれば、頭が整理されてアイデアがドンドン湧いてきます。


<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4761269987/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4761269987&linkCode=as2&tag=hayarimono0e-22&linkId=bfea50fa04106e6b28608456f52d895a"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4761269987&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hayarimono0e-22" ></a>

ベストセラー作家・三浦展さんの「情報のまとめ方」

ベストセラー「下流社会~新たな階層集団の出現~ (光文社新書)」などの著作で知られる三浦展さんは、
伝説のマーケティング雑誌「アクロス」の元編集長。
 
街に転がる雑多な情報の中から、キラリと光る情報の原石を見つけ、
多くのヒットコンセプトを生み出して来ました。
 
そこで今日は、同氏の著作「「情報創造」の技術 (光文社新書)」の中より、情報のまとめ方をご紹介します。
 
☆三浦展さんの「情報のまとめ方」
1,日頃から集めたり思いついたりしたことをノートにメモしておく。
2,ある程度思いつきが増え、情報も集まったら、さらにそこから気づいたことをできるだけたくさん(30個以上)、ランダムでいいのでノートに箇条書きにする。
3,箇条書きにした情報を図解する。
4,現象の原因については、短期、中期、長期、火薬、引き金の表にする。
5,今後の予測については3種類くらいのストーリー、シナリオを考える。
6,3の図解については、以下の基本的な図を原則使用する。
  ①XY図
  ②4象限図
  ③ベン図
  ④三角形図
  ⑤フローチャート
  ⑥表
 
 
↑すごく精緻な本というわけではありませんが、発想のヒントは満載の本です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

WORDを使ったTODOリストで仕事を整理する方法

仕事を効率的にこなしていくには、「TODOリスト」を使うと便利ですが、
紙ベースはイヤ、どうしてもデジタルベースで処理したいという人は、
「WORD」を使って、TODOリストを作る方法があります。
 
今日はそのノウハウを、「月刊アスキー」2009年1月号特別付録
「MBA式ビジネスチップス128連発」の「ToDoリストで仕事整理すれば能率もアップ」より、
そのノウハウをご紹介します。
 
☆WORDを使ったTODOリストで仕事を整理する方法
1,まずWORD上で、とにかく思いつくものを書き出す。
2,メニューバーの表示からアウトラインを選択する。
3,すると文章の頭に「。」がつく。
4,次に項目を選択して「Alt+Shift」キーを押しながら、
  「↑」「↓」で場所を移動。
5,そして「Alt+Shift」キーを押しながら「→」「←」で、大項目、
  中項目、小項目に配置する。
6,こうして「ToDo」リストが出来上がった。大項目だけや大・中項目だけを
  表示することもでき、やるべき仕事がすっきりわかる。
 
 
 
↑こんな商品も出てます。

手帳をうまく使えない方、必読!齋藤孝さんの「3色ボールペン手帳術」

明治大学教授の齋藤孝さんといえば、
ユニークな学習術・仕事術で有名な方ですが、
とくに3色ボールペンを使ったものが優れています。

そこで今日は、同氏の新刊「「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術 (だいわ文庫)」より、

3色ボールペンを使った手帳術をご紹介します。
ぜひ、チェックしてみてください。

☆齋藤孝さんの「3色ボールペン手帳術」
1、手帳にはひらめきを書き込む。
  人との会話の中のキーワードも書き出しておくと、貴重なデータベースになる。
2、手帳は1週間を見渡せるものを使う。
  予定の進捗をチェックできると同時に、自分の生活のペース、リズムが順調かもひと目でわかる。
3、前年を振り返る。
  手帳は2年分合体させて使う。
  前年の手帳と今年の手帳の表紙と表紙をダブルクリックで留めて、一つにまとめて使う。
  過去を振り返り、現在を確認し、将来に視線を転じる。
4、30分ごとの刻みがものをいう。
  30分ごとに区切りがつけられていることで、頭も30分で区切られる。
5、締め切りまでの時間を読む。
  1日に何度も手帳を開き、スケジュールを確認することで、
  ある仕事に費やすことができる時間をぱっと読み取り、加速の度合いを調整することは、
  質的にも量的にも、仕事をこなす力をグンと伸ばす。
6、知識やアイデアに日付を入れる。
  思考の流れやアイデアが結実するプロセスが辿れると、情報のリアリティがいっそう際立ち、
  それだけ活用しやすくなる。
7、手帳の書き込みには、赤・青・緑の3色ボールペンを使う。
  3色手帳にすると、スケジュールの優先順位がはっきりわかる。
8、赤・青・緑の使い分け方。
  赤=最重要の用事、青=まあ忘れてはいけない用事、緑=プライベートな用件。

 


↑手帳術の他にも役立つノウハウが満載の本です。

 

 

 

 

Netflixで話題沸騰の全裸監督は、セールスマン必読の応酬話法のバイブルである。

シーズン2の配信開始で話題沸騰の全裸監督の原本である、「全裸監督 村西とおる伝」は、
セールスマン必読の応酬話法のバイブル本です。
本自体は、もちろん、動画のとおり、村西監督がビニ本から初めて、AVの帝王になり、その没落を描いた、
名作なのですが、原作は、かなりの頁を割いて、ビニ本に辿り着く前の村西監督の前史が描かれており、
そこで出てくるのが、「応酬話法」なのです。
売れない百科事典のセールスマンであった村西監督が、何とか生き抜いていくために、様々な営業関連の本を読み漁り、
それを実践で試して、磨き上げた応酬話法のノウハウは、文章として読んでも非常に説得力があります。
応酬話法のノウハウ本は数ありますが、和書で、ここまで説得力がある応酬話法の説明と、応用法を書いた本は、
他に無いと思います。
頁にして僅か1,2頁ですが、セールスに悩む営業マンの方は、この部分だけでも読まれるといいと思います。

↑セールスのバイブル本でもあります。

 

↑事実上のスピンオフ本だと思いますが、こういう本も出ています。

「ゼロ秒思考」の著者が教える、「スピードを上げるための8つの原則」

スピーディーに仕事をこなして、生産性を上げられるようになりたい

と誰しも思うものですが、なかなか実現は難しいものです。

もちろん、仕事に慣れるに従ってある程度の生産性の向上は見られるものですが、

ふつうにやっていては、ライバルに先んじることはできません。

そこで、今日は、ベストセラー「ゼロ秒思考」の著者、赤羽雄二さんの「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」より、

「スピードを上げるための8つの原則」をご紹介します。

 

☆「スピードを上げるための8つの原則」
1、原則① まず全体像を描く。

⇒全体像が見えれば、どこが重要で、どの部分に力を注げばいいかが分かり、仕事が早くなる。

2,原則② 丁寧にやり過ぎない。

⇒本当に大事な仕事の核心部分は丁寧にやるべきだが、それ以外の部分を同様にやっていては、時間が幾らあっても足りない。

3,原則③ 仕事のツボを押さえる。

⇒ツボを押さえるとは、仕事を成功させるうえで最も重要なポイントを把握し、無駄を省いて効果的に進めること。

↑赤羽さんの本は非常に実践的です。

4,原則④ 好循環をつくる。

⇒好循環は、信頼できるチーム、パートナー等との間で起きる。

5,原則⑤ 工夫の仕方を工夫する。

⇒工夫のしどころは無数にあり、常に何らかの特別な工夫をすることで、仕事はどんどん早くなる。

6,原則⑥ 前倒しする。

⇒早めにやる方が精神的に楽で余裕ができるので、落ち着いて広い視点から取り組め、心に余裕があるので頭もよく働く。

7,原則⑦ 一歩先んじる。

⇒半歩でもいい、他の人より少し前を歩くだけで俄然リーダーシップを発揮でき、それで人が集まり、仕事はさらに速く進んでいく。

8,原則⑧ 二度手間を全力で避ける。

⇒いい組織、いい上司ほど、悪いニュースをすぐに共有し、問題の未然防止と迅速な対応を可能にしている。

 

定価の4〜8割引は当たり前!「高級ブランドの洋服を安価に入手する9つの裏ルート」

ユニクロ、しまむら流行りですが、
やっぱり欲しくなるのが高級ブランドです。

そこで今日は、「月収15万ライフを100倍楽しむ本」より、
高級ブランドの洋服を安価に入手する9つの裏ルート」をご紹介します。

☆高級ブランドの洋服を安価に入手する9つの裏ルート
1、【ルート1】展示会
  フリーライターを名乗って、ブランドの広報課に問合せ、DMを無くしたと言って、
  日にちと場所を確認。後は、当日現地でDMを忘れたと言って入場する。
2、【ルート2】ファミリーセール
  会場で「前にファミリーセールに行って住所と名前を書いたのにDMが届かない」と言えば、
  ほぼ入れてもらえる。
3、【ルート3】地方のセレクトショップ
  客単価の低い地方では、東京では売れ切れ確実の人気商品でも、売れ残ってしまう。
  大抵、デパートに出店しているので、ネット通販で買う。
4、【ルート4】ヤフーオークション
  グッドイナフ、ヘクティック、レットイットライド、エクストララージなど、
  裏原宿系ブランドの定番モノは、買える可能性大。
5、【ルート5】量販店
  ブームで売れた商品は、在庫をショップで叩き売る訳にもいかず、
  量販店でバーゲンセールされる。
6、【ルート6】アウトレットモール
  アルマーニやAPCが最新流行の服を出品している。
7、【ルート7】ブランド・リサイクルショップ
  ショップ店員たちが社販で買った商品を横流ししている。
8、【ルート8】フリーマーケット
  社販のない大手ブランドの場合、店員たちが店を出し、自社製品を売っていることもある。
9、【ルート9】ショップ前のゴミ箱
  値崩れやイメージを気にして余った商品をゴミに捨てることも。

 


↑今回の執筆者のひとり、村田らむさんの本です。

 

 

食べても太らない!体調が良くなる!「糖質ゼロ食健康法」

糖質ゼロ食を提唱し、糖尿病治療で革命的な効果を発揮してきたのが、
医師の釜池豊秋さんです。

釜池さんによると、糖質ゼロ食は糖尿病治療に止まらず、
高血圧や高脂血症などにもバツグンの効果を発揮しているそうです。

そこで今日は、同氏の近刊「食べても太らない! 「糖質ゼロ」の健康法 (新書y)」より、
そのノウハウをご紹介します。

☆食べても太らない!体調が良くなる!「糖質ゼロ食健康法」
1、食事はカロリーよりも糖質に注目する。
2、1食の糖質摂取量を最大5gまでとする。
3、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルはしっかり摂る。
4、糖質が多い穀類、果実類、菓子類などは摂らない。
5、朝食抜き、夜がメイン食事。

 


↑安定した健康を手に入れたい人、必読です。

 

山本冬彦さんの「サラリーマンが美術コレクターになる方法」

サラリーマンだけど、美術に関心があってコレクターになってみたい
そんな願いを持つ方も少なくない、と思います。

実際にそんな夢を叶えたのが、サラリーマンコレクターの山本冬彦さん。
今日は山本さんのノウハウを、氏の著書「週末はギャラリーめぐり (ちくま新書)」より、ご紹介します。

☆山本冬彦さんの「サラリーマンが美術コレクターになる方法」
1、まずは1点買ってみる。
  無名な若手作家の本物の作品を、自分に無理のない金額でまず1点購入してみる。
2、その際大切なことは、作家や売っているところが有名か無名かではなく、
  今の自分にとって、その価格でその作品を買う価値があるかどうかを、
  自分の目と頭で判断して決める。
3、まだ評価が定まっていない、値段も安い作家の作品を選ぶ際は、
  まだ判断する材料や情報がないので、おのずから自分の目や感性で決断するしかない、
  真剣勝負の世界だが、それ故に知識ではなく自分でものを考え判断する訓練になる
4、迷った時はたいてい最初に良いと思ったものに決めるのがいい。
5、1点持つと、その作品との比較で他の作品を観るようになり、絵を観る目が
  少しずつ変わってくる。

 


↑山本さん渾身の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やさしい本で始めれば使える英語は必ず身に付く!「英語多読法」

英語を身につけようと思ったら、色んな方法がありますが、
やさしい英語の本をたくさん読むことによって、使える英語を身につける
方法が「英語多読法 (小学館101新書)」という方法です。

元は、電気通信大学准教授の酒井邦秀先生が提案したメソッドでしたが、
それを実践し、一般に広めているのが、「英語多読法」の著書がある、
SEGの古川昭夫さんです。

今日は古川さんのノウハウを同書より、ご紹介します。

☆英語を読書を「続ける」ための多読三原則。
酒井先生が提案した三原則は以下のとおり。
1、辞書は引かない。
2、わからないところは飛ばす。
3、つまらなければやめる。

SEG古川氏の多読三原則。
1、辞書を引かずに楽しめるものを読む。
2、わかるところをつなげて読む。
3、自分が面白いと思う本を選んで読む。

あと、できたら、
4、読書記録をつける。
  多読で英語力を確実に伸ばしたければ、記録をつけて読書量をチェックする。


↑多読初心者必読の本です。

 

手帳に大切なアイデアやメモは書くな!ジブン手帳の考案者が教える「手帳でメモを有効活用する方法」

最近の文具ブームのお陰で、アナログの手帳にまた人気が集まっています。

モレスキン、ほぼ日手帳などいろんなバリエーションがありますが、

大手広告代理店のクリエイターが考案したジブン手帳もその一角であり、

自由度の高い手帳として人気を集めています。

そこで今日は、ジブン手帳考案者の佐久間英彰さんの著書である「速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)」より、

手帳でメモを有効活用する方法をご紹介します。

 

★手帳でメモを有効活用する方法

1,手帳に大切なアイデアやメモは書かない。

2,手帳の端にメモを書くと、すぐにどこに書いたか分からなくなり、年が変わって手帳を替えると

  死んだ情報になってしまう。

3,アイデアやメモ決まったノートに書くようにすることが鉄則。

4,そうすれば、見返せば大切なアイデアやメモは繰り返し目に入り、他のアイデアと掛け合わさり、活きたアイデアになる。

5,できれば、バラバラのメモは、「集約ノート」に逐次、記入、貼り付けるようにする。

6,ある程度のサイズのノートがベターで、サイズは固定化し、日付も記入して、時間順に管理する。

7,最後に、集約ノートから本当に必要な情報を抜粋して記入し、「濃縮ノート」を作る。

 たまに見返すことで人生のヒントにする。

 

 

↑手帳活用の本質が書かれた知られざる名著です。

 

 

コクヨ ジブン手帳 ファーストキット 手帳 2021年 A5 スリム マンスリー&ウィークリー インディゴ ニ-JF1DB-21 2020年 11月始まり

↑気に入ったらまずはここから始めてみましょう。

 

整理王・小山龍介さんの「Best of 整理hacks!セレクト8」

最近の整理術関連の著者でイチバン注目されている人と言えば、
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣」がヒットした小山龍介さんです。

今日は、小山さんの整理術のエッセンスを新刊「TOOL HACKS!」より、ご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

☆Best of 整理hacks!セレクト8
1,整理とは捨てること。
  まずは必要ないものを捨てること。
  資料をみてプリントアウトされた書類はまず捨てる。
2,アナログデータはデジタル化する。
  富士通のScan SnapS1500で、データの無いアナログ書類をドンドン取り込んでいく。
  そうすると、PDFデータとして保存されるので、書類データベースを構築するのに大変便利。
3,画像はEye-Fiで自動的にクラウドへ。
  撮った写真は写真共有サービスにアップしてクラウド化する。
4,ウェッブサイトはクリップする。
  気になったウェッブサイトはブックマークではなく、「Evernote」を使って、
  キャプチャーしておく。
5,携帯機器はUSBアダプターで充電する。
  充電器はすべてUSBケーブル経由にまとめてしまう。
6,服選びもルール化する。
  仕事上のファッションではシャツを基本に考える。
  シャツさえ決まれば、それに合うパンツとジャケットは自然に決まってくる。
7,紙の書類はクリアホルダーで整理する。
  現在進行形のプロジェクトの紙の書類はクリアホルダーで時系列にして管理する。


↑ベストセラーに入る書店さん続出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日経マネー推薦!投資力が上がる!今読むべき本8選

株価が上昇するにつれ、勉強不足が痛感される毎日ですが、

では勉強するとしたら、どういう本を読めばいいでしょうか?

今日、ご紹介するのは、「日経マネー」2021年7月号の「投資力が上がる!今読むべき本8選」という記事です。

定番本から意外な本まで広くカバーされていますので、チェックしてみてください。

 

★投資力が上がる!今読むべき本8選

1,みきまるの「名著」に学ぶ株式投資 26冊早わかり熱血ガイド (Modern Alchemists Series No. 161)

優待バリュー株投資で数億円の資産を築いた凄腕投資家のノウハウが学べます。

 

2,新装版 私は株で200万ドル儲けた ――ブレイクアウト売買法の元祖「ボックス理論」の生い立ち (ウィザードブックシリーズ)
初心者必読の古典本。200万ドルの資産を築いた「ボックス理論」が学べます。

 

3,非常識な成功法則【新装版】
経営コンサルタントの著者が自らの成功の秘訣を明かしたロングセラー。

 

4,“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法
兼業投資家であるエナフンさんが年率30%リターンで勝ち続けるノウハウが紹介されています。

 

5,兜町の風雲児―中江滋樹 最後の告白―(新潮新書)
伝説の相場師の一生が読める本です。投資の考え方で参考になります。

 

6,ウィズコロナ 日本株にビッグウェーブがやって来る!

全体の相場を長期で考える上で参考になる本です。「2050年に日経平均は30万円になる」という大胆な予想も。

 

7,ITナビゲーター2021年版
世の中のトレンドを知るために、年末に買いたい1冊です。投資の新しいテーマが見つかることも。

 

8,ゾーン 最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスの最後のアドバイス
言わずと知れた名著の最終章、トレードの心構えが学べます。

 

↑年に一度はチェックしたい本です。

 

どうしても片付けが出来ない人必読!『「7・5・1」の法則=「総量規制」でモノをためず、増やさない方法』

最近の断捨離ブームの結果、断捨離ファン=ダンシャリアンが増えていると
言います。

どうしても片付かなかった自分の部屋、机があっという間にキレイに片付く訳ですから
ファンになる気持ちも分かりますね。

そこで今日は、「日経アソシエ」の記事、『「7・5・1」の法則=「総量規制」でモノをためず、増やさない』よりそのポイントをご紹介します。

☆『「7・5・1」の法則=「総量規制」でモノをためず、増やさない方法』
1、見えない収納。
  収納可能な量の7割まで。
  例えば、引き出しや戸棚、押し入れなど。
2、見える収納。
  収納可能な量の5割まで。
  例えば、ペン立てや本棚、ガラス戸の戸棚。
3、見せる収納。
  収納可能な量の1割まで。
  例えば、デスクにペットや家族の写真を置く、
  玄関に花を飾る場合など。
4、引き出しや戸棚などの収納スペースに、ぴっちりとモノを詰め込むと、
  出し入れがしにくい。その結果、モノが活用されなくなる。
  「モノの通り道」がなくなった状態である。
  ゆとりある収納によって、お気に入りのモノだけをフル活用するのが
  「断捨離」流。

(出所)「日経アソシエ」2010年12月7日号『「7・5・1」の法則=「総量規制」でモノをためず、増やさない』より。


↑断捨離といえば、やっぱりこの本ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な本物しか置かないミニマル生活!中島義道さんの『「半隠遁」5か条』

歳をとると、色んな物に囲まれた生活が面倒になります
幾ら沢山物があってもあの世には持って行けない、ということでしょうか?

そこで今日は、必要な本物しか置かないミニマル生活を実践する
中島義道さんのノウハウを「dankaiパンチ」の同氏の記事より、そのポイントをご紹介します。

☆中島義道さんの『「半隠遁」5か条』
1、「清貧の思想」にあらず。
  清潔と快適を保つためには様々な工業製品が絶対に必要。
2、趣味を追求するなかれ。
  よい趣味をどこまでも追求する生活ではない。
  自分の思いのこもった物を使うだけ。
3、不快を避ける。
  居住空間は広くなければならず、その空間内に自分の趣味に反したものは
  1点も存在してはならない。
4、無理しても快適を得る。
  必要とみなすものは、どんなに「身のほど知らず」でも実現し、その代わりその他の
  出費を切り詰める。
5、金に執着しない。
  ポイントは自分の美学に合った生活を実践すること。
  これに心を集中させると、次第にあらゆることから「自由」になっていく。

(出所)「dankaiパンチ」2008年2月号の中島義道氏の記事より。

 


↑こういう本もあります。

 

« June 2021 | Main | August 2021 »