« できる人は「何を」「どう」読むか?「土井英司さんの忙しい人の読書術」 | Main | 脱会社人間!「会社をうまく利用する時間の使い方」 »

June 03, 2012

大学教授が教える「個人でできるマンション投資 5つのルール」

サラリーマンがやる個人投資としては、最もお金がかかる部類に入るのが
不動産投資。とくに区分所有のマンション投資が人気です。

ただ、そうは言っても、値段が値段なだけに不安は大きいです。
今日は、「週刊エコノミスト」2012年5月29日号の「賢い資産運用」より、
龍谷大学教授の竹中正治さんの。成功する5つのルールをご紹介します。
大学教授が教えるルールであれば、ちょっと安心ですね。

☆個人でできるマンション投資 5つのルール
1、買うのは不況時、売るのは好況時。
2、中古マンションを物色して安く買う。
3、空室リスクの低い物件を選ぶ。
4、3割は自己資金を用意して、残りはなるべく銀行から低い金利で借りる。
5、ワンルームマンションよりファミリータイプのマンションを優先する。

今こそ知りたい資産運用のセオリー
↑竹中先生のノウハウが詰まっています。

|

« できる人は「何を」「どう」読むか?「土井英司さんの忙しい人の読書術」 | Main | 脱会社人間!「会社をうまく利用する時間の使い方」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29726/54861958

Listed below are links to weblogs that reference 大学教授が教える「個人でできるマンション投資 5つのルール」:

« できる人は「何を」「どう」読むか?「土井英司さんの忙しい人の読書術」 | Main | 脱会社人間!「会社をうまく利用する時間の使い方」 »