« 40代超多忙サラリーマンが株投資で勝つ、ただ一つの方法。 | Main | 投資のプロ山崎元さんが教える「利回り3%を目指す手堅い運用法」 »

May 29, 2012

会社を辞めたら不動産業!「小さな不動産屋という生き方」

終身雇用という言葉が非常に空虚に聞こえる昨今ですが、
もし、サラリーマン人生の途中でリストラに遭ったらどうします?

再就職と言っても、厳しい環境を考えるとカンタンではないでしょう。
そこでお勧めしたいのが、「小さな不動産屋さん」という生き方。

今日は、その入門書「経験ゼロでもムリなく稼げる! 小さな不動産屋のはじめ方
」より、
開業までに必要なことをご紹介します。

☆小さな不動産屋を開業するまでにやっておくべきこと。
1、宅地建物取引主任者になる。
  資格取得者を雇う手もあります。
2、宅地建物取引業の免許を申請する。
  免許申請から交付を受けるまでに、通常2か月以上かかります。
3、宅建協会や全日本不動産協会などに入会する。
  自ら営業保証金を供託する場合には、必要ありません。
4、宅地建物取引業の免許証の交付を受ける。
5、宅地建物取引業者として事業を開始する。
  免許の交付を受けるまでは、集客などを含めて営業行為はできない。

その他、必要な費用としては、
1、宅地建物取引業者の免許を受けるために必要な費用 約200万円。
2、店舗についての賃貸借契約の初期費用 約50万円。
3、備品費 約20万円。
合計約270万円あれば十分だそうです。

|

« 40代超多忙サラリーマンが株投資で勝つ、ただ一つの方法。 | Main | 投資のプロ山崎元さんが教える「利回り3%を目指す手堅い運用法」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29726/54823662

Listed below are links to weblogs that reference 会社を辞めたら不動産業!「小さな不動産屋という生き方」:

« 40代超多忙サラリーマンが株投資で勝つ、ただ一つの方法。 | Main | 投資のプロ山崎元さんが教える「利回り3%を目指す手堅い運用法」 »