« 簡単にたためて収納に便利。持ち運びもラクラクです!「マイクロファイバー6っ折りコンパクトマットレス」 | Main | 甲田光雄先生が教える!「1日2食少食療法、成功のコツ」 »

April 07, 2012

50歳を超えても30代に見えるお医者さん!南雲吉則先生の「一汁一菜ダイエットのすすめ」

できれば健康に長生きして、おまけに若さを保ちたい
誰しも願うものですが、なかなか実現は難しいものです。

それに対して「腹6分目にすれば実現可能」と主張するのが、
医師の南雲吉則先生です。

動物実験では、食事の量を40%減らした時が一番長生きで、
平均1・5倍寿命が延びることが分かっているそうです。

そこで今日は、南雲先生のノウハウを、著書の「50歳を超えても30代に見える生き方
」より、
ご紹介します。

☆南雲吉則先生の「一汁一菜ダイエットのすすめ」
1,毎日使っている食器を子供用のサイズに替える。
2,ご飯と味噌汁、そしておかずを一品食べる(一汁一菜)。
3,この組み合わせで食器の大きささえ子供用サイズであれば、
  肉でも揚げ物でも何を食べても構わない。
4,ただし、おかわりと間食はしないこと。
5,こうした食事を実践すると、一回に食べる量がだいたい4割くらいは減ることになり、
  結果として「腹6分目」になる。
6,食べる量は減るが、一汁一菜にすることで栄養バランスは良くなり、
  食べたいものを食べることによってストレスも減る。
7,できれば、一汁一菜ダイエットを毎日続けながら、毎朝自分の体重を記録するようにする。
8,途中で体重が減らない停滞期に入ることもあるが、ある程度続けたあとに線を結んでみると、
  一定の傾きで減っていることが確認できる。
9,どんどん減っても標準体重で止まるので、止まったら記録は付けなくても良い。

50歳を超えても30代に見える生き方
↑南雲先生のノウハウが詰まってます。

|

« 簡単にたためて収納に便利。持ち運びもラクラクです!「マイクロファイバー6っ折りコンパクトマットレス」 | Main | 甲田光雄先生が教える!「1日2食少食療法、成功のコツ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 50歳を超えても30代に見えるお医者さん!南雲吉則先生の「一汁一菜ダイエットのすすめ」:

« 簡単にたためて収納に便利。持ち運びもラクラクです!「マイクロファイバー6っ折りコンパクトマットレス」 | Main | 甲田光雄先生が教える!「1日2食少食療法、成功のコツ」 »