« キャビンアテンダントが日本のビジネスマンにお届けする、「スマートネクタイ」のオーダーメード(特別注文)サービス。 | Main | ノマドワーカー必見!中谷健一さんの「調子のいいオフィスリストはこれだ!」 »

経営トップたちもやっている!「能力アップする歩き方」

001
よく、考えがまとまらないと散歩をするといい、
なんて話がありますが、実際その効果は確かなようです。
京都には哲学の道なんてありますしね。

そこで今日は、「日刊ゲンダイ」2009年12月9日付
能力アップする歩き方」より、そのポイントをご紹介します。

☆能力アップする歩き方
1、脳を元気にするには、とにかく歩くことに集中すること。
  あれこれ考えながら歩いても能力アップにはつながらない。
  脳を活性化させるには、無心で歩くことが大切。
2、歩くと神経伝達物質セロトニンの分泌が高まる。
  セロトニンは脳のあちこちに指令を送る脳をコントロールする指揮者。
  セロトニンの分泌がよくなると、集中力がアップし、仕事の能率が上がり、緊張や不安、
  イライラが解消し、元気が出る。
3、歌詞が無いリズム音楽を聴きながら歩く。
  歌詞があると、そこに意識が向かい、無心になれない。
4、最低15~30分歩く。
  セロトニンレベルが上がる時間は5~15分かかる。
  上がった状態を維持することが大事なので、最低15~30分歩くこと。
5、ベストは朝歩くこと。
  朝日に当たると、よりセロトニンの分泌量が高まりやすい。
6、スピードは30分疲れずに歩ける程度。
  疲労感はセロトニン分泌量を下げる。
7、季節、天気で時間を変える。
  強い夏の日差しを浴びすぎると、ストレスになってセロトニン量が落ちる。
  逆に、冬や曇りの日は長めに歩くほうがいい。
8、「1日2回歩く」がベター。
  通勤時に歩いていも、仕事中に座ったままではセロトニン量が減る。
  夕方もう一度歩くといい。
9、歩く習慣は3か月継続する。
  歩くことを習慣づけると、セロトニンのベースラインが上昇する。
  そのためには、3か月必要。

歩けば脳が活性化する
↑今回のネタ元の有田秀穂先生の本です。一読の価値有りです。

|

« キャビンアテンダントが日本のビジネスマンにお届けする、「スマートネクタイ」のオーダーメード(特別注文)サービス。 | Main | ノマドワーカー必見!中谷健一さんの「調子のいいオフィスリストはこれだ!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経営トップたちもやっている!「能力アップする歩き方」:

« キャビンアテンダントが日本のビジネスマンにお届けする、「スマートネクタイ」のオーダーメード(特別注文)サービス。 | Main | ノマドワーカー必見!中谷健一さんの「調子のいいオフィスリストはこれだ!」 »