« イタリアのロングセラー、名品トレイ「レキサイト マルチプラー 小物入れ・小物トレー」 | Main | レジ袋を隠せるお洒落なゴミ箱「ideaco TUBELOR BRICK」 »

August 23, 2009

意欲ややる気がなくても大丈夫!石田淳さんの「仕組み」仕事術

001_3
締め切りギリギリにならないとやる気が出ない、
ビジネスマンにありがちな、グズ症候群ですが、
仕組みさえ作れれば意欲や根気は必要ない
と主張するのが、石田淳さん。

今日は、石田さんの「仕組み」仕事術の極意を、
「THE21」2009年5月号の同氏の記事より、ご紹介します。

☆石田淳さんの「仕組み」仕事術
1、翌朝の仕事を、前日の退社時に準備してから帰宅する。
  翌朝出社していすに座った時には、すでに準備完了の状態になっていれば、
  仕事へのモチベーション・スイッチも入りやすくなる。
2、「嫌い→好き→嫌い」のパターンでモチベーションを維持する。
  「苦手・嫌い」な行動のすぐあとに、「得意・好き」な行動を置くことにより、
  「苦手・嫌い」な行動が強化される。
3、ケータイを活用して、行動を促すきっかけを演出する。
  携帯のアラームや同僚の声かけは、行動を促すための補助の役割を果たす。
4、写真を活用して仕事道具の定物定位置を徹底する。
  仕事にすぐかかれるための仕組みをつくるには、ワークスペースが整理された状態を保つこと。
  「あれが無い」といったことが頻繁に起きていては、時間をロスするだけではなく、
  やる気も削いでしまう。
5、大きな仕事を分割して、難易度のハードルを下げる。
  人は、結果が見えることにはすぐ取り組むが、結果が見えにくいことにはなかなか取り組む意欲が、
  起きない。
  そこで大切なことは、大きな仕事を小さく分割して、短時間で「仕事の結果」を実感できるようにすること。
6、1日の仕事量や仕事内容を記録して反省する。
  レコーディング・ダイエットのように、自分のやった結果を数値化して客観的に把握できるようにすると、
  「先送り」を減らそうと言う意識につながる。

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
↑行動科学のノウハウが満載の本です。

|

« イタリアのロングセラー、名品トレイ「レキサイト マルチプラー 小物入れ・小物トレー」 | Main | レジ袋を隠せるお洒落なゴミ箱「ideaco TUBELOR BRICK」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 意欲ややる気がなくても大丈夫!石田淳さんの「仕組み」仕事術:

« イタリアのロングセラー、名品トレイ「レキサイト マルチプラー 小物入れ・小物トレー」 | Main | レジ袋を隠せるお洒落なゴミ箱「ideaco TUBELOR BRICK」 »