« アスリートにもメタボ対策にも使える!デジタルエクササイズ腕時計「PUMA TIME 'CARDIAC’」 | Main | 中高年の海外での健康管理10か条 »

名著「脳が冴える15の習慣」が教える「書類整理のルール」

001
最近、勉強本ブームに並んで人気が続くのが「脳」ブームです。
脳の働きを知り、それをうまく応用することで、学習や仕事の効率を高めようと言うもの。

脳が冴える15の習慣」は、そんななか出版された脳活用本の名著で、非常に実践的な内容になっています。
今日は同書のなかより、「書類整理のルール」をご紹介します。

脳の仕組みを応用したやり方なので、
非常に納得性の高いメソッドです。

☆名著「脳が冴える15の習慣」が教える「書類整理のルール」
1,書類等の整理について一番大切なことは、些末な選択・判断を効率化されるルールを持つこと。
  具体的には以下のとおり。
2,まず、読んでいない書類は1か所にまとめて積んでおく。
3,読んだ書類のなかで、理解できたものはその場で捨てる。
4,理解できたけれど、重要だと判断したものはAの場所に保管する。
5,読んだものの理解できなかった書類はBの場所に保管する。
6,Aの場所に保管してある重要な書類は、1か月ごとにざっと見直して、捨てるか、
  継続して保管するか判断する。
7,Bの場所に保管してある書類は、時間ができた時に再読する。
  (そこでまた、捨てるか、Aの場所に保管するかどうかを判断する)

脳が冴える15の習慣
↑勉強本を読む前に読むべき必読書です。

|

« アスリートにもメタボ対策にも使える!デジタルエクササイズ腕時計「PUMA TIME 'CARDIAC’」 | Main | 中高年の海外での健康管理10か条 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名著「脳が冴える15の習慣」が教える「書類整理のルール」:

« アスリートにもメタボ対策にも使える!デジタルエクササイズ腕時計「PUMA TIME 'CARDIAC’」 | Main | 中高年の海外での健康管理10か条 »