« 時間デザイナー・あらかわ菜美さんの「1日24時間にプラス2時間を生み出すテクニック」 | Main | 有りそうで無かった!縦型パソコンバッグの決定版!「CASE LOGIC Urban Messenger Vertical Limit XNM-15 」 »

「こんな時にはこんな場所で接待しよう」接待の極意教えます。

日本式の義理人情の商売から、欧米流の合理的なビジネスの世界へと、
日本の社会も変わりつつあると言いますが、実際にはまだまだそれだけでは割り切れません。

日ごろ気づいた人間関係がここぞと言う時に、大きな効果をもたらすケースが少なくないのです。
平たく言うと、やっぱり、「接待」が効果があるんですね。

そこで今日は、日経新聞2007年10月13日付「取引先もてなす場所選び」より、
そのノウハウをご紹介します。

【接待のお店選びの主なポイント】
1、入り口やトイレが清潔で店に活気があるか。
2、注文した最初の飲み物が3~5分以内に出てくるか。
3、飲み物や食べ物がなくなる直前に店員が薦めてくれるか。
4、店内に死角が生まれないようきめ細かく店員を配置しているか。
5、常連客の顔と名前を覚えているか。
6、ゲストに気づかれないように領収書を渡してくれるか。
7、出迎え、見送りが丁寧でもう一度、訪れたいと感じるか。

【こんな時にはこんな場所で接待しよう】
1、「親しい取引先とゆっくり商談したい」→料亭・フランス料理等。
2、「取引先と腹を割って話せる仲になりたい」→鍋料理専門店、焼肉屋等。
3、「あまり親しくないので会話が続くか心配」→寿司屋、鉄板焼きの店等。
4、カウンター席のある店は調理風景が見えて会話の糸口が見つけやすい。
5、「相手の食事の好みが分からない」→雑誌で話題の店等。
6、「英語が苦手なのに外国人をもてなす」→ライブ演奏やショーのある店等。

接待の一流 おもてなしは技術です
↑今売られている「接待」本の中ではこれがイチバンだと思います。

|

« 時間デザイナー・あらかわ菜美さんの「1日24時間にプラス2時間を生み出すテクニック」 | Main | 有りそうで無かった!縦型パソコンバッグの決定版!「CASE LOGIC Urban Messenger Vertical Limit XNM-15 」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「こんな時にはこんな場所で接待しよう」接待の極意教えます。:

« 時間デザイナー・あらかわ菜美さんの「1日24時間にプラス2時間を生み出すテクニック」 | Main | 有りそうで無かった!縦型パソコンバッグの決定版!「CASE LOGIC Urban Messenger Vertical Limit XNM-15 」 »