« 青汁で1日1食断食療法 | Main | 日本人大リーガー 注目するのは誰? Yahooリサーチ調べ »

プライベート情報管理の決定版!1日1行ルーズリーフ備忘録

001_573
最近の傾向として、ライフハック・ブームの流れもあってか、
会社での業務記録や行動記録をつけるのが流行です。

たしかに、それらのデータが記録されていると、
後々、役立ちますし、今後の予定にも活かされて便利です。

ただ、どうせなら、プライベートの方も情報管理してはいかが?
と言うのは、「情報のさばき方」を執筆した朝日新聞記者の外岡秀俊さんです。

外岡さんは、このデジタルの時代に、ルーズリーフに1日1行形式で、
あえて手書きで記入する、と言うアナログな方法で、効果を上げています。

そこで今日は、「情報のさばき方」の中から、外岡さんの1日1行ルーズリーフ備忘録の
ノウハウをご紹介します。

☆プライベート情報管理の決定版!1日1行ルーズリーフ備忘録
1,備忘録は、バインダーに挟んだルーズリーフの紙に、1日1行で記録する。
2,ルーズリーフは1頁に31行のものを使用すると、31日分が1頁に収録され、便利。
  こうすると、1年でも10頁程度、バインダー1冊に5年分位が入る。
3,記入例としては、
  ○月/×日 8:00起床→朝食パン→出社→Aにtel→K氏来社→昼食→BBC出稿
  →切り抜き→8:00帰宅→DVD「○○××」 等と書く。
4,ルーズリーフの左側には、ある日特記事項があれば「休日」とか「コペンハーゲン出張」等と注をつける。
  これを書くと後の記憶を引き出す手法となる。
5,この備忘録を続けるには、どんな多忙な日でも、同じ1行にすべてを集約するのがコツ。
6,自分にとってどんなに激動な日々であっても、自分が会った人や行った場所、食べたもの等は意外に少なく、
  平凡なことが多く、続けられる。
7,上記の備忘録の他に、頁を改めて、以下の項目を記録している。
・書いた原稿(見出し、行数)
・食べた場所(その相手)
・会った人(肩書き)
・行った所(出張先その他)
・読んだ本(書名、著訳者名、出版社)
・見たもの(展覧会、映画、舞台等)
8,原稿と呼んだ本は1つにつき1行形式で記入するが、他は行替えをせずに書き加えていく。
  1項目につき、年間でも1,2頁の分量にしかならない。
  このようにしておくと、後で振り返った時、「あれをやったのは、この時期だ」と言うことがよく分かり便利。

情報のさばき方
↑会社員でも取材関係の仕事がある方は必読の本です。

|

« 青汁で1日1食断食療法 | Main | 日本人大リーガー 注目するのは誰? Yahooリサーチ調べ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プライベート情報管理の決定版!1日1行ルーズリーフ備忘録:

« 青汁で1日1食断食療法 | Main | 日本人大リーガー 注目するのは誰? Yahooリサーチ調べ »