« こんな人は「一生独身!」10のポイント  | Main | 意外や意外!トップは野球!高校の運動部部員数ランキング »

リンクアンドモチベーション・小笹芳央社長の「エクセルデータ」メモ管理術

001_201
現代は情報化時代です。
毎日毎日、流れてくる情報をドンドン処理していかないと、
時代について行けなくなります。

パソコンを使えば、そんな処理がスムーズにできる気もするのですが、
実際のところ、返って煩雑になったり、利用度が低くなったりして、
うまく行っている例は多くありません。

私は、その手の情報整理魔なので、
パソコンを使った情報管理には非常に興味があるのですが、
成功例をトンと聞いたことがありませんでした。

が、最近見て、「これならうまく行くのでは?」と膝を叩いたのが、
リンクアンドモチベーション社長の小笹芳央さんのメモ術です。

小笹さんのノウハウは、エクセルデータの形式でメモ管理する、と言うもので、
結構ユニーク、かつ実用性が高そうなものです。

「週刊アスキー」2006年9月12日号「達人の最強メモ術」の、
小笹社長の記事からご紹介します。

☆リンクアンドモチベーション・小笹芳央社長の「エクセルデータ」メモ管理術
1,メモに記入された情報は、エクセルに入力、リスト化して管理する。
2,エクセルデータならデータの並べ替え等の編集を繰り返すことがカンタンで便利だからだ。
3,分野ごとにエクセルファイルを分けており、現在、読書リストやワインリスト等、ジャンルが多岐に渡っている。
4,メモに書かれた情報は、①スケジュール管理等のフロー系のものと、②アイデアを書き留め保存しておく、
  ストック系の2種類に分かれるが、フロー系の情報はポストイットにメモし、手帳に保存。
  予定が完了したら捨ててしまう。
5,一方、ストック系の情報はエクセルのデータとして保存、管理している。
  仕事系のデータとして、事業計画、収支管理、公演のネタ等。プライベート系ではワインリスト、読書リスト等。
6,エクセルでは、内容を30字程度で完結にまとめ、多くのデータが一覧でできる程度の情報量に抑えることが、
  ポイント。
7,ストック系の情報はほぼ全てエクセルデータで管理しており、講演等で使う使うネタを、
  「講演で使う小ネタ」「心に刺さる話」等と、細かく管理している。
8,リスト化する情報は、大きなテーマでなく、内容を細分化し、具体的にして分類することが大切。
  その過程で、どの分野の情報が強く、逆にどこが弱いかが分かり、さらに効果的に集めようと言う意志が、
  働く。
9,情報のストック、リスト化する作業を長続きさせるコツは、最初に思いつくまま10程度のデータを、
  先に用意してしまうこと。そうすることで、リストらしくなり、もっと集めようという心理が働き長続きする。
10,情報が貯まってくると、情報を集め、リストに記録していくのが面白くなり、自然にリストが充実する

   
「アイ・カンパニー」の時代
↑小笹社長の本領発揮。自分会社の作り方の本です。

|

« こんな人は「一生独身!」10のポイント  | Main | 意外や意外!トップは野球!高校の運動部部員数ランキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リンクアンドモチベーション・小笹芳央社長の「エクセルデータ」メモ管理術:

« こんな人は「一生独身!」10のポイント  | Main | 意外や意外!トップは野球!高校の運動部部員数ランキング »