« ipodにぴったりのポータブル・オーディオ発見! | Main | 体重を「計るだけ」ダイエット術 »

「起業バカ2」に学ぶ

555
ベストセラー「起業バカ」の続編「起業バカ2」が発売されました。
前著にも増して、悲惨な起業の事例がてんこもりで書かれていて、読んでいて飽きません。
この2冊の面白い点は、「作り」ではなく、実話が書かれている点です。
何たって、著者の渡辺氏自身が自分で雑誌を立ち上げて、潰してしまい、塗炭の苦しみを味わったと言う御仁ですから、説得力があるのは当たり前ですね。

☆「起業バカ2」の事例
1,製剤薬局フランチャイズ FC詐欺の実態 被害総額4500万円
2,レンタルルーム 風俗兼業のヤミ起業 被害総額200万円?
3,ホームページ製作 給料が仇でキャッシング地獄 損害1000万円?
4,ワインのオンライン販売 注文が入らない無能サイト地獄 何とか採算ラインへ到達か?
5,気象情報ビジネス データの蓄積だけで終わった営業ゼロ地獄 
6,パクリ屋に引っかかって順風満帆の商社が破綻 被害総額1億3000万円
7,厨房機器のリサイクル事業 人材枯渇地獄 
8,保険コンサルタント 会社を辞めた途端、信用ゼロ地獄 
9,医者の人材派遣ビジネス 仲間と会社を興して友情破綻ビジネス
10,オリジナル絵本の販売 アイデアぱくられ地獄 
11,インテリア・デザイン 人件費地獄 
12,化粧品フランチャイズ 店舗ガラガラ地獄
 

 1つノウハウとして面白かった話があります。
 パクリ専門の幽霊会社の見破り方なのですが、ふつうのやり方では、敵もさるもの見破れません。
 たとえば、帝国データバンク等で照会しても、悪い会社は全部、現金でモノを動かすので、
 銀行や手形等の取引実績が出てこないので、「わからない」と言う返事しか出てこないそうです。
 そこで、知っておきたい、とっておきの手がコレ。

 会社謄本の「全部事項」を取ること
 本社所在地に行って、これをとると、会社設立から社名変更まで全ての資料を見ることができる
 社名変更から半年以内の会社だと、会社を何らかの事情で買ってきた可能性があり、
 危ない、等とわかる訳
です。

 まあ、そんな輩とつき合わずにすめば一番ですが、そういう奴らとつき合わないとやっていけないのも、
 起業家の宿命なのだと思います。


起業バカ2
↑相変わらず売れているようです。良いところに並んでいます。

|

« ipodにぴったりのポータブル・オーディオ発見! | Main | 体重を「計るだけ」ダイエット術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「起業バカ2」に学ぶ:

« ipodにぴったりのポータブル・オーディオ発見! | Main | 体重を「計るだけ」ダイエット術 »