« 和田秀樹「年収を100万円アップする休暇力」 | Main | あの大人気マッサージ器が驚異の価格で! »

脳を効率的に働かせる食事の取り方

人間の知的活動の源は何?と聞かれたら、それはやっぱり「脳」ですよね。
人間の脳の7割は眠っているそうですから、残りの何割かでいいからしっかり動いて欲しいものですね。
それには、食事の取り方に気をつければ良い、と言うのが、「SPA!」2005年8月30日号の「最新脳タイプ診断」と言う記事です。
脳を元気にする食材と、適切な食べ方をご紹介いたします。

☆脳を効率的に働かせる食事の取り方
1,脳を元気にするには、朝食をきちんと取ること。
2,朝食には、パン食よりも、ごはん、みそ汁、納豆、生卵等の定番的な和食が理想的。
3,コーヒーを飲むならブラックではなく、砂糖を1個入れると良い。
4,脳をきちんと働かせるには、ブトウ糖に加えて、タンパク質が必要。
5,タンパク質の代表は、卵、さんま、牛乳、鶏肉、大豆等。
6,脳の神経細胞であるニューロンを適切に働かせるには、カルシウムやビタミンb1、C等も必要。
7,悪玉コレストロールが酸化すると、クスリでコントロールできない脳梗塞になることがある。
8,悪玉コレストロールの酸化を防ぐには、野菜をとることが一番効果的。
9,一日に必要な野菜の量は、約350グラム。
10,今の日本人の平均は285グラムなので、後一皿野菜を取ることを増やしたい

|

« 和田秀樹「年収を100万円アップする休暇力」 | Main | あの大人気マッサージ器が驚異の価格で! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脳を効率的に働かせる食事の取り方:

« 和田秀樹「年収を100万円アップする休暇力」 | Main | あの大人気マッサージ器が驚異の価格で! »