« 朝起きてから夜寝るまで「日常カイゼン」5つの習慣 | Main | こりゃ安い!松下D-SNAP、SDカード付で2万円以下! »

July 07, 2005

公文式で英語に強くなる?

公文式と言うと、まず思い浮かぶのは足し算引き算の算数のトレーニングですが、最近は英語もやっているようです。
KUMON S.R.S.(スピード・リーディング・システム)と言って、カンタンに言うと、英文を語順のまま、できるだけ早く読みこなすトレーニングのことです。
S.R.S.のトレーニングを積むと、平均的な欧米人が1分間に読む300~400ワードをこなせるようになるそうです(日本人の平均は100ワードだとか)。
教材は公文式お得意の自学自習でステップを積み上げていける方式になっていて、8段階1200のステップで、最終的には1000ワードを超える専門的な内容を読みこなせるまでに、英語力をマスターできるそうです。
費用的には、週2回(1回90分)で1か月1万3000円と言いますから、ホントに、公文式の算数教室と同じ低価格で学べるのが特徴です。
ペーパーバックを読みこなせるレベルまでには、約6,7月くらいで到達できるとか、ちょっとチャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

|

« 朝起きてから夜寝るまで「日常カイゼン」5つの習慣 | Main | こりゃ安い!松下D-SNAP、SDカード付で2万円以下! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29726/4855877

Listed below are links to weblogs that reference 公文式で英語に強くなる?:

« 朝起きてから夜寝るまで「日常カイゼン」5つの習慣 | Main | こりゃ安い!松下D-SNAP、SDカード付で2万円以下! »