« リコーの超高性能コンパクトデジカメ | Main | SOHOにピッタリの最新鋭ファクシミリ »

May 09, 2005

「日経アソシエ」で紹介されたメモ術

NBA20050517-M
昨日に引き続き「日経アソシエ」2005年5月17日号のメモ特集から、「ビジネスパーソン300人アンケートによる、メモのツールとメモの記入法」について面白い方法をご紹介したいと思います。
やっぱり、こういう方法は、ふつうのビジネスマンが実際に実行している方法が実践的で参考になりますね。

☆ビジネスパーソン300人アンケートによる、メモのツールとメモの記入法
1,4色ボールペンを使い、赤=最重要、青=重要、緑=自分の面白いと思ったこと、等と色分けして書く。
2,手で書くことを重視する。とくにすぐに忘れそうなことほど、手で書くようにする。
3,PC上では付箋ソフト「付箋紙21」を使う。業務別・緊急度別に付箋紙の色やサイズを分ける。
4,机一面に無地の白紙を置いて、そこに緊急事項や必要事項を書く。終わったら赤の斜線で消す。
5,A4サイズの紙を折り畳んでメモ用紙にする。両面記入後、ファイルする。
6,最初のメモは真ん中に書き、付属事項をつなげて周りに書いていく。
7,その日に起きたことを時系列でメモしておく。そうすることでトラブルが未然に防ぐことができる。
8,とにかく人から教わったことは何でも書く。次に自分の言葉でまとめてもう一度書く。そうすると良く覚える。
9,通常の事柄はメモ帳に横書きで書く。強調すべき点は、欄外に縦書きで書く。
10,行動はできる限りモノの名前と矢印の組合せで簡潔に書く。視覚的に一瞬で事柄が把握できるようになる

|

« リコーの超高性能コンパクトデジカメ | Main | SOHOにピッタリの最新鋭ファクシミリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29726/3971678

Listed below are links to weblogs that reference 「日経アソシエ」で紹介されたメモ術:

« リコーの超高性能コンパクトデジカメ | Main | SOHOにピッタリの最新鋭ファクシミリ »