« 君は半田屋を知っているか? | Main | ミサンガに御利益ありや? »

日本メダルラッシュの影に共産圏勢の衰退あり。

連日の金メダルラッシュに沸く昨今ですが、どうして急に日本は強くなってしまったんでしょう?
もちろん、一番の理由は、出場選手の頑張り。
今のこの何でも楽する時代に、小学校の頃から英才教育で練習練習に明け暮れた選手の方には尊敬の念が浮かびます。
次に考えられるのは、女子選手の活躍です。男性に比べてやはり女性選手が活躍する国は、だいたい先進国に限られます。費用的にも、慣習的にも、女性がスポーツをすること、増して、オリンピックに出場するなど考えも付かないという国が世界の大部分だと思います。その点で、女性がオリンピックに出場することが比較的容易な日本はその分、メダルの上では有利だと言えるでしょう。
最後に挙げられるのは(ひょっとしたら一番の原因かも知れませんが)、ソ連及び東欧圏の弱体化です。
下に過去のオリンピックのメダル獲得数の表を紹介しましたが、ソ連、東ドイツ、ハンガリー、ウクライナ等、かつての共産圏勢の衰退は明らかです。おそらく、経済的な混乱のため、一時的にオリンピックに力を入れられないのでしょう。
日本のメダルラッシュは、それらの共産圏勢の回復まで続くと思うのですが、いかがでしょうか?
(下の表を見ていて気が付いたのですが、今年のアテネ大会、密かに、ホスト国のギリシャが頑張っていることがわかります。ノンビリしているようで、ちゃんと頑張って居るんですね。彼らも。)

1996 アトランタ 金 銀 銅

1 アメリカ 44 32 25
2 ロシア 26 21 16
3 ドイツ 20 18 27
4 中国 16 22 12
5 フランス 15 7 15
6 イタリア 13 10 12
7 オーストラリア9 9 23
8 キューバ 9 8 8
9 ウクライナ9 2 12
10 韓国 7 15 5
23 日本 3 6 5


2000 シドニー 金 銀 銅 合

1 アメリカ 39 25 33 97
2 ロシア 32 28 28 88
3 中国 28 16 15 59
4 オーストラリア 16 25 17 58
5 ドイツ 14 17 26 57
6 フランス 13 14 11 38
7 イタリア 13 8 13 34
8 キューバ 11 11 7 29
9 韓国 8 9 11 28
10 イギリス 11 10 7 28
11 ルーマニア 11 6 9 26
12 オランダ 12 9 4 25
13ウクライナ  3 10 10 23
14 日本 5 8 5 18
15 ハンガリー  8 6 3 17

2004 アテネ  金 銀 銅 合(8月22日現在)

1 中国 22 14 10 46
2 アメリカ 21 21 15 57
3 日本 13 6 7 26
4 オーストラリア 12 8 12 32
5 ドイツ 10 9 12 31
6 フランス 8 8 7 23
7 ロシア 7 13 16 36
8 イタリア 7 6 7 20
9 ルーマニア 6 3 2 11
10 ウクライナ 6 2 5 13
11 韓国 5 10 5 20
12 イギリス 5 7 7 19
13 ギリシャ 4 1 3 8
14 オランダ 3 6 8 17
15 ハンガリー 3 4 1 8

国別累計獲得メダル ベスト20 (1896~1996年まで)
順位 国名 金 銀 銅 計
1 アメリカ 822 632 548 2002
2 ソ連 395 319 296 1010
3 イギリス 171 224 224 619
4 フランス 160 172 188 520
5 イタリア 159 130 141 430
6 東ドイツ 153 129 127 409
7 ドイツ 150 167 152 479
8 ハンガリー 140 123 152 415
9 スウェーデン 134 148 168 450
10 フィンランド 97 77 111 285
11 日本 93 89 98 280
12 オーストラリア 86 85 119 290
13 ルーマニア 63 77 99 239
14 西ドイツ 56 74 98 228
15 中国 52 63 49 164
16 ポーランド 50 67 110 227
17 オランダ 49 56 80 185
18 チェコスロバキア 49 50 48 147
19 カナダ 45 75 85 205
20 EUN(旧ソ連12ヶ国) 45 38 28 111

|

« 君は半田屋を知っているか? | Main | ミサンガに御利益ありや? »

Comments

 おもしろいですね~!
 このデータ、見ているだけでおもしろい!

 そういえば、以前フジテレビのトクダネで
 小倉さんが話していたことですが、
 フセインさんが健在だったころのイラクでは
 国際試合に負けると
 拷問があっていたようです。
 伝聞なので、真偽はわかりませんけれども。

 ちょうど、ドーハの悲劇の頃だそうです。
 イラク選手の死に物狂いの一念が
 ああいった結果となったのかも知れないなあ・・・
 なんて思いました。

 有楽斎
 

Posted by: 有楽斎 | August 29, 2004 04:15 PM

 すみません^^;
 サーバエラーだったので
 再度送ったら
 二重投稿になってました。
 
 申し訳ありません。
 お手数をお掛けしますが、
 ひとつは消しておいていただければ
 ありがたく思います。

 有楽斎

Posted by: 有楽斎 | August 29, 2004 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本メダルラッシュの影に共産圏勢の衰退あり。:

« 君は半田屋を知っているか? | Main | ミサンガに御利益ありや? »