« スパイダーマン2見ました。お勧めです! | Main | アナタは何を持って出かける? »

渡辺オーナー突然の辞任は老いのせい?

巨人軍の渡辺恒雄オーナーが不祥事の責任をとって止めました。
一応、不正なドラフト交渉の責任をとってとのことですが、別の理由のような気もします。
例の1リーグ制問題ですね。
私は朝日新聞は読まないので知らなかったのですが、朝日新聞は商売敵を叩けとばかりに、かなり厳しく社説や記事で渡辺オーナーを叩いていたようです。
やれ、野球協約違反だ、プロ野球の公共性をどう考えるんだ、等の類の批判です。
朝日新聞が読売新聞を非難するとなるとどうしても、商売上の問題が透けて見えるので、どうかな?とは思いますが、想像するに、かなりのプレッシャーが巨人並びに読売新聞にかかったことは想像に難くありません。
今回の1リーグ騒動の一番の問題点は、渡辺オーナーの改革プランが拙速だった点にあるような気がします。
・通常なら、一応、ライブドアの堀江社長とも会って、話し合いの上で、一端折れさせてから、1リーグに持って行くのが筋だと思いますし、
・最初から1リーグに突っ走るなら、それなりに1リーグ後のプランを最初から開示して、1リーグ実現のメリットを一般に公言し、かつ、同意を得る必要があったと思います。
マスコミ界きっての切れ者の渡辺オーナーのことですから、十分それぐらいのことは分かっていたものと思いますが、それができなかったところに、どうも渡辺オーナーの老いを感じてしまいます。
若者が拙速に走るところを、年配者はじっと構えて、ジワジワと真綿で占めるように、自分の思い通りに物事を進めるのが長老の得意とするところだと思いますが、それすら億劫な位、80歳近いオーナーは老いてしまったのではないでしょうか?

|

« スパイダーマン2見ました。お勧めです! | Main | アナタは何を持って出かける? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 渡辺オーナー突然の辞任は老いのせい?:

« スパイダーマン2見ました。お勧めです! | Main | アナタは何を持って出かける? »